飼い主が外出中に救助犬がとった悲痛な行動がペットカメラに映る

飼い主が外出中の保護犬の悲痛な行動と、遠くから飼い主が犬を慰める感動的な瞬間がカメラに収められた。

ペットカメラで撮影された映像には、保護犬ナヌークの飼い主リサさんが、家を留守にしている間、不安な犬を慰めるためにリングの家庭用セキュリティカメラの双方向通信機能を使用した様子が映っている。

「私たちは用事で家を留守にしていたのですが、残念ながら犬を連れていくことができませんでした。車に乗っていると、リビングに人がいるという通知が届きました」とリサさんはリングのプレスリリースで述べた。「ログインして確認したところ、ご覧のとおり、ナヌークは私たちがいないことに不満を抱いており、近所の人たちにそのことについてどう感じているかを口頭で伝えていました」

動画では、ナヌークがソファの上で吠えている様子が映っている。飼い主が家に残してきたことに明らかに動揺しているようだ。しかし、カメラから聞こえてくる声がナヌークを安心させている。「大丈夫。すぐに家に帰れるよ。」

子犬は飼い主の声を聞くと、少し戸惑いながらも「泣かないで」という声に慰められながら、まっすぐカメラの方へ向かった。

ナヌークの新しい家への旅は容易なものではありませんでした。

「ナヌークは1年ちょっと前に、私たちのアパートの隣人の一人に捨てられました」とリサさんは語った。「夫と私はその晩、彼女を私たちの家族の新しい一員にしようと即決しました。」

家に一人でいるペットを監視するためのカメラの使用は、ますます人気が高まっています。Future Market Insights の統計によると、ペット監視カメラ市場は 2022 年に約 5,430 万ドルと評価されました。

この数字は、2033 年までに約 9,350 万ドルに増加すると予測されています。この増加は、共働きのペット飼育世帯の増加、ペットやペット用品への支出の増加、ペットの安全に関する懸念の高まり、スマートホーム テクノロジーの導入の増加など、いくつかの要因に起因しています。

リサさんはビデオを振り返り、「(ビデオを見直して)最初は、娘がかわいくてちょっと笑ってしまったけど、娘に会えて話ができたことにも感謝した。家を離れていた間、娘は落ち着いていた。他の部屋にあるリングのカメラを見ても、その様子がわかった」と付け加えた。

コメントする