飼い主が犬用にソフトクレートを購入、すぐに「良い考えではなかった」と気づく

子犬のためにソフトクレートを使う計画がおかしな裏目に出て、飼い主を大笑いさせている。

イリノイ州のケイリー・デブリンさんは、現在3歳の愛犬レイラが生後4か月の頃の、ソフトクレートでの災難に遭った動画をシェアした。

インスタグラムで3000万回以上再生された動画では、飼い主が必死に追いかける中、小さなレイラちゃんがソフトクレートの中で元気に庭を転げ回っている。「うん、それはよくないね」と飼い主はキャプションでコメントした。

「まず彼女が大丈夫かどうか確認しましたが、彼女は明らかに人生で一番楽しんでいました。それで私たちは笑って彼女をその場から連れ出し、彼女が私たちがそれをつかめるくらい落ち着いたらすぐに連れ出しました。私は観客に笑いと笑顔を届けるのが大好きなので、それを共有しました。みんながそれを気に入ってくれているようで、私は幸せです」と彼女は語った。

犬の飼い主は、自分とペットのニーズに合った適切なオプションを選択する必要があります。ソフト ドッグ クレートは持ち運びやすいように設計されており、車での旅行や短距離の移動に最適です。簡単に設置および折りたたみができるので、友人や家族を訪ねるのに最適です。

ハード ドッグ クレートは、金属、プラスチック、または頑丈な素材で作られており、壁がしっかりしていて、通気孔または通気バーが付いています。これらは、家庭内の常設または半常設の犬小屋として使用されることが多く、クレート トレーニングに使用されます。

このビデオは、同様のソフトクレートでの失敗を経験した他の犬の飼い主たちから反響を呼んだ。

視聴者の@hurricane_suzeさんは次のようにコメントした。「うちの子は食べまくって脱出した。その通り。メッシュ、布、全部食べた。朝、ソフトクレートに大きな穴が開いて、自由に歩き回っているのを見つけた。」

@katiethecrazydoglady さんは、「最初のオーストラリアン・シェパードを飼ったときも同じ間違いを犯しました。目が覚めると、犬はクレートとソファーの中にいました。」と回想している。

犬の飼い主仲間の@haleyalexis17さんはこう話した。「チワワのミックス犬を初めて飼ったとき、こんなことがありました。何か忘れて家に戻ったら、10分もかからずに犬が玄関まで転がっていったんです。」

コメントする