女性が愛犬を連れて近所を歩き回り、行方不明の犬のポスターを撤去

行方不明になった愛犬に絶望していた女性にとって、愛するペットが戻ってきて最高の結末を迎えた。

それから彼女は、急いで作られた行方不明のチラシをすべて取り除くために、愛犬を連れて近所を長い道のりを歩かなければなりませんでした。

5月29日に共有されて以来、12万8000回以上再生されているTikTok動画で、ペルラ・ヴァネッサ(@perkz.v)は、子犬の行方不明のポスターが柱に貼られている近所の通りで、リードに繋いだレイアを散歩させている。

彼女は動画にこう書いている。「主観:昼夜を問わず泣き続けて目が赤く腫れているのを近所の人が見ていた後、レイアを連れて行方不明のチラシを全部取り除く」

レイア自身は、飼い主が経験した恐怖にまったく動揺しておらず、気づいていないようです。飼い主がくしゃくしゃにした行方不明者のチラシをゆっくりとビニール袋に詰めている間、レイアはスキップしながら匂いを嗅ぎながら歩道を歩いています。

フォロー

ブロックの半分が私たちを認識できるようになりました… よかった 😅

♬ 悲しいスポンジボブの音楽 – マイケル

感謝の気持ちを抱く飼い主は、チラシ自体がペルラとレイアの再会を助けたとコメントで明らかにした。

ペルラさんは、首輪をつけていなかったその犬を近所の人が拾ったと説明した。近所の人はチラシに気づくまで、その犬が誰の犬なのか知る由もなかった。「そしておそらく、私が近所でヒステリックに泣き叫んでいたのでしょう」

彼女は動画で、レイアちゃんが土曜日の夜に行方不明になったが、レイアちゃんは「うちの犬たちの中では責任感が強くて、普段は心配する必要がない」ため、日曜日になって初めて気づいたと語った。

「娘を飼って10年になりますが、こんなことは一度もありませんでした」と彼女は動画の中で語った。「日曜日の午後には、私は泣きじゃくり、ヒステリックに近所を走り回り、ポスターを貼り、近所の人から近所の人へと回っていました」

そして「みんな」彼女を見たとペルラさんは語り、近所の人の中には、実際に迷子になっているとは気づかなかった小さな迷子犬を抱きしめている写真や動画を持っている人もいたという。

彼女は日曜日の夜は恐怖で全く眠れなかったと認め、レイアにはマイクロチップが埋め込まれているが、彼女を見つけた人が検査に連れて行くのか、保健所に引き渡すのか、あるいは自分で飼うのかどうかはわからないと付け加えた。

「月曜日の午後、私はヒステリックになって泣き叫んでいました。文字通り家族を心配させてしまいました」とペルラさんは語った。

「ありがたいことに、私が貼ったポスターのおかげで、近所の住民が私に電話をくれて、日曜の夜から彼女を飼っていたと教えてくれました。彼らは誰に電話したらいいのかわからず、保護施設に電話しようとしていたんです。」

安堵した飼い主は、レイアは「もう二度と私のそばを離れることはないだろう」と付け加えた。

アメリカ動物虐待防止協会(ASPCA)によると、毎年約310万匹の犬が保護施設に収容されている。これは膨大な数だが、2011年の390万匹から見ると大幅な減少だ。

さらに良いニュースとしては、毎年、全米各地で野良犬として保護施設に収容された約 71 万匹の野良犬が飼い主の元に戻されていることです。

元の動画へのコメントには、物語のハッピーエンドに歓喜の声が寄せられ、「もし愛犬を失くしていたら、私の人生はめちゃくちゃになっていただろう」と認めるコメントもあった。

「彼女を見つけてくれてよかった」と別の人が言った。パーラは「ありがとう。私はめちゃくちゃだったよ(笑)」と答えた。

信じられないことに、近所の人から「私の家族もあなたの子犬を探すのを手伝っていました!」というメールが届いたのです。

ペルラはこう返信した。「うわあ、これがどれほど私にとって意味のあることか、あなたには分からないでしょうね。みんなのサポートに感謝します。」

そして、ある人は「犯人と一緒に恥をかく散歩」と冗談を言った。

コメントする