休暇中の女性、ペットシッターから子犬の動画が送られてきたため「すぐに帰宅」

休暇は、日常の喧騒から離れてリセットしてリラックスする時間です。しかし、人間でもペットでも、親は家にいる赤ちゃんのことを思わずにはいられません。

幸いなことに、テクノロジーのおかげで、たとえ何マイルも離れていても親と子どもはつながっていられる。ベビーシッターは写真や動画を親に送って、状況を把握することができる。しかし、5月28日のTikTok動画で犬の飼い主が経験したように、そうした写真や動画は、愛する小さな子をますます恋しくさせるだけだ。

ある飼い主が休暇で留守中に、ペットシッターから子犬のビデオが突然届きました。ペットシッターは子犬を散歩させながら、飼い主に子犬の様子を報告していました。子犬の歩き方は改善しましたが、子犬特有の癖で、まだ時々倒れてアトランタの Buckhead Paws のシッターに抱っこをお願いしていました。

飼い主は、この貴重な近況動画を一目見ただけで言葉を失いました。飼い主は自分の反応を動画に撮り、その瞬間に笑顔になりましたが、離れている分、愛犬との愛情は増すばかりでした。

@buckhead.paws アカウントで共有されたビデオのキャプションには、「ちょっと待って、すぐに家に帰るよ」と書かれている。

信頼できるペットシッターを選ぶ

誰かにペットの世話を任せるのは簡単なことではありません。ペットシッターには、散歩、餌やり、遊び、緊急事態への備え、そして自分のペットのようにペットを愛することなど、多くの責任が伴うからです。

米国動物愛護協会は、ペットシッターをオンラインで探すことを推奨しています。全米プロフェッショナルペットシッター協会のような専門団体があり、メンバーはトレーニングを受け、認定を受けています。飼い主はサイトをくまなく調べ、レビュー、価格、空き状況を読んで、検索範囲を絞り込むことができます。獣医のオフィスやペットショップにも広告がある場合があります。友人、近所の人、親戚に推薦を尋ねてみましょう。

候補者の面接を始める準備ができたら、質問を用意しておく必要があります。たとえば、経験レベル、提供しているサービス、料金などを調べます。飼い主は、シッター候補者と面談して、その人のことを知るとともにペットが安心できるようにすることも検討してください。

コメントする