犬が誕生日のお祝いにダンキンドーナツへ、店員の特別な配慮に心が和む

ほとんどのペットの飼い主は、どんな言い訳を使ってでもペットにご褒美やご褒美を惜しみなく与えますが、誕生日となると、忘れられない一日となるよう全力を尽くします。

ピットブルのアポロもまさにその通りだった。誕生日にお気に入りの店の一つ、ダンキンドーナツでパップカップを味わった。アポロの飼い主アリシャ・ソフィーさん(24歳)は、アポロがおいしいドーナツを辛抱強く待っている心温まる瞬間を写真に収め、スタッフから「ハッピーバースデー」のセレナーデまで披露した。

自分だけのバースデーハットをかぶったアポロの愛らしい瞬間の映像がTikTok (@apollothebluenose) でシェアされ、ソーシャルメディアユーザーを大いに喜ばせた。わずか数日で、この動画はTikTokですでに330万回以上再生され、52万件以上の「いいね!」を獲得した。

「私たちは週に1回くらい地元のダンキンドーナツに行きます。それが私たちの伝統なので、いつも彼を連れて行きます」とソフィーさんは言う。

「従業員に誕生日が近いことは伝えていましたが、従業員が歌を歌い始めたときは驚きました。とてもかわいらしくて、従業員も本当に喜んでいたと思います。ダンキンドーナツは従業員のお気に入りの場所の 1 つで、従業員はみんなに会うととても興奮します。従業員はいつも従業員に挨拶し、従業員をいっぱい撫でてくれます。」

ペットは、ソファの半分を占領し、床に食べ物をこぼすだけの動物ではありません。実際、YouGovの世論調査によると、飼い主の10人中9人がペットを家族の一員だと考えています。

ペットは私たちの生活に欠かせない存在なので、私たちがペットを甘やかしたり、ペットが私たちにとってどれほど大切な存在であるかを示したりするのは当然です。飼い主の 64 パーセントはペットをベッドで一緒に寝かせて甘やかし、57 パーセントは誕生日や祝日にペットにプレゼントを買ってあげています。アポロと同じように、ペットの 40 パーセントも自分の誕生日をお祝いしています。

大切な日にセレナーデを歌われた後、アポロはパップカップをむさぼり食い、クリームを口いっぱいに含みました。ソフィーは、アポロが一口一口を楽しんで、周りのみんなから大騒ぎを受けるのが大好きだったことに疑いの余地はないと思っています。

ソフィーさんは「息子の誕生日に何か特別なことをしたいと思っていましたが、ダンキンドーナツがそれを実現してくれました。従業員の皆さんの寛大さに感謝したいと思います」と語った。

この動画への反応は彼女が予想していたものとはまったく違ったが、アポロは確かにネット上で何百万もの人の心をつかんだ。ピットブルは必ずしもポジティブな意味合いを持つわけではないが、アポロとのこのような瞬間を見せることで、ピットブルももっと優しい性格を持っていることがわかるとソフィーは願っている。

アポロは誕生日に人々の心を溶かし、この動画はこれまでにTikTokで9,100件以上のコメントを獲得している。コメントの1つには、「正直、他のお客さんは全員待たなければならなかっただろう。彼が先にサービスを受けている」と書かれている。

別の人はこう返信した。「かわいい子、お誕生日おめでとう!素晴らしい労働者たちに拍手を送ります。」

3人目のTikTokユーザーは「本当に泣きたい。可愛すぎる」と書いた。

コメントする