飼い主がゴールデンレトリバーが「死にかけている」のではないかと尋ねる面白い理由

ある女性が、飼い犬の成長により犬の健康状態が心配になったと話した。

オンラインで@whata_bout_winstonとして知られるブリットさんは、ソーシャルメディアで愛犬のゴールデンレトリバーの健康状態を心配していると訴えた。カリフォルニアを拠点とするこのコンテンツクリエイターは、かつて「悪魔」だった1歳のウィンストンが、いたずら好きな子犬から穏やかで静かな犬へと変化したため、ウィンストンの体調が実際は良くないのではないかと何度もパニックになったと話した。

「彼は子犬のころは悪魔のような子だったが、思春期のころはさらに悪魔のような子だった」とブリットさんは言う。「ここ数カ月で、彼は確実に大人に近づいている」

ウィンストン

*これを投稿しながら木をたたきながら* 神様、私はもう退行を生き延びられませんように #dogmom #dogmomlife #milennialdogmom #goldenretriever #teenagedog #adolescentdog

♬ オリジナルサウンド – Britt + Wince

「彼は90パーセントの時間はこんな感じです」と制作者は付け加え、視聴者は彼女の後ろのソファで居眠りするウィンストンの姿をちらりと見た。

「犬を飼う時に楽しみにしていたのはこれです」とブリットさんは言う。「犬たちは本当に可愛くて優しいのですが、今はこんな状態なので、少なくとも1日に4、5回は彼を見て『病気なの?死んじゃうの?』って思ってしまいます」

ブリットの心配に共感する人もいるかもしれないが、犬は成長するにつれて落ち着きを取り戻す。ほとんどの子供と同じように、子犬も年を取るにつれて、より一貫して穏やかで落ち着いた行動を学ぶ。犬を飼っている視聴者の多くが、ブリットを安心させ、同様の考えや経験を共有している。

「早くあの世に行きたい。9ヶ月の赤ちゃんがいて、私たちは苦労している」と、@makeupbyyjadeというユーザーがコメントした。

別の@rachael_mullinsさんは、「うちのゴールデンレトリバーは、ある日突然、1.5~2歳くらいで落ち着きました。リードを引っ張ることもなくなり、レストランでも落ち着いて、ただ幸せそうにしています。」と付け加えた。

「うちのレトリバーが亡くなりました。もうすぐ14歳でした。これはまったく普通のことです。彼らはとても落ち着いて寄り添ってくれるクマになります」と3人目のユーザー@bearculesはシェアした。

別の@romikagunnさんは、「獣医に、彼は実際は幸せで健康だと言ってもらうために250ドル払った」と付け加えた。

それでも、ブリットの4月23日の投稿を見た約100万人の視聴者の中には、通常とは異なる体験を共有した人もいた。

「あなたのは2歳で止まった。私のは4歳になり、いまだに厄介だ」と、@flozzledozzleというユーザーが書いた。別のユーザー@irishbeauty44は「私のは8歳で止まった」と付け加えた。

コメントする