飼い主に望まないサプライズをもたらした「悪い犬」をネットが擁護

ラブラドールがグラウンドホッグを口にくわえている動画が、TikTokで24時間以内に280万回再生された。

飼い主が中から撮影している間、辛抱強くパティオに立っているチョコレート色のラブラドール犬のラスティが、グラウンドホッグの足を口にくわえているのが見えます。幸いなことに、この大きなげっ歯類は生きていて動いています。彼らの隣にいるヘネシーという名の年老いたラブラドール犬は、興奮を抑えきれず、予期せぬ客に吠え続けています。

「あなたの悪い犬を見せてください。いい子たちがクッキーのために座っているのを見たくない」という音声が添えられている。しかし、TikTokのユーザーはこれに反対し、コメント欄に集まってこの犬を支持している。

「あれは悪い犬ではない!その犬は、その犬種が飼育された目的を果たしている!」とあるユーザーは述べた。確かに、アメリカン・ケンネル・クラブによれば、ラブラドールは狩猟犬として素晴らしい仲間となる。水鳥狩りや狩猟など、さまざまな状況で、しばしば長時間働くことができる。

この犬種が2年連続でアメリカで2番目に人気のある犬種にランクされたのには理由があります。賢く、喜ばせようと熱心に働き、一生懸命働く犬種であるため、ペットとして最適であるだけでなく、さまざまな分野で貴重な存在となっています。介助犬としてだけでなく、捜索救助犬、爆弾や麻薬の探知犬、セラピー犬としての役割でも最も人気のある犬種です。

ラスティは就職していないが、狩りをすることが彼の遺伝子に残っている。飼い主のベス・ヘルムズ(@bethhelms4)がそれに反対しているとしてもだ。彼女はその後、音声のないオリジナルの動画をアップロードしており、ラスティに「やめろ」と頼んでいるのが聞こえる。

翻訳:

#ドッグソフトティックトック

♬ オリジナルサウンド – Michael Foote、Esq.

彼女はキャプションでこう述べている。「この犬は私が新しく保護したラスティです。現在訓練中ですが、(訓練は)難しいです。以前は虐待を受け、他の15匹の犬と一緒に(捨てられて)いるところを発見されるまで外に置き去りにされていました。自力で生きていくしかなかったのです。それが彼の本性なのです。」

「こんな経験は初めてで、家の前から裏まで走って行き、ホットドッグで彼を脅してやっと解放してもらいました。狭い空間では喧嘩が始まってしまう可能性があるため、彼らを家に入れることはできませんでした。私はとても良い飼い主なので、安心してください。彼はとても良い子です。」

元の動画でも同様のコメントが寄せられており、別のユーザーが「ママにプレゼントを持ってきてくれたよ!いい子だね」と書いている。

「彼はとても誇りに思っている」とあるユーザーは指摘した。

一部のユーザーはこの小動物に同情したが、別のユーザーは「この小さな動物を救おうとしたら、私なら泣いてしまうだろう」と述べた。

コメントする