ダックスフントの子犬と飼い主の「お気に入りの遊び」にネットが大爆笑

ダックスフントの子犬が飼い主とゲームをしながら「最高の人生」を送っている動画が、TikTokのユーザーを喜ばせている。

この動画は、ダックスフントの子犬「トゥイグレット」のTikTokアカウント「@twiglet_thedachshund」が投稿したもの。動画は6月9日に共有されて以来、680万回再生されている。

投稿に添えられたキャプションには、「私のお気に入りのゲーム」とだけ書かれている。

映像には、カーペット敷きの床にダックスフントの子犬が腹を上にして横たわっている様子が映っている。ちょうどその床の上に男性が立っている。男性は子犬をつかみ、床の上をそっと滑らせる。床の反対側の端に着くと、子犬はすぐに起き上がり、男性のほうへ走って戻り、腹を上にした姿勢に戻る。男性は子犬を床の上へ押しやり、子犬はまた走って戻って、同じことを繰り返す。

フォロー

私のお気に入りのゲーム😍 #dachshundsoftiktok #dachshund #sausagedog #dogsoftiktok #dog #fyp

♬ オリジナルサウンド – DJ ムーディ

遊びは犬にとって身体的な運動、精神的な刺激、そして社会的な交流をもたらすため、犬にとって重要です。

遊びは楽しいものであるべきだが、犬の好みやスキルに合わせて調整する必要がある、と北米最大の動物病院チェーンの1つであるVCAの記事で獣医師のエレン・リンデル、デブラ・ホロウィッツ、ゲイリー・ランドスバーグ、および認定獣医技術者(LVT)のモニーク・フェイレシルドはアドバイスしている。

他の犬よりも人間と遊ぶことを好む犬もいれば、おもちゃで遊ぶことを好む犬もいます。また、かくれんぼなどのゲームを楽しむ犬もいます。

「安全のためには、過度の興奮につながる遊びを避けることが重要です。犬が落ち着いてゲームをやめたり、頼まれてもやめたりすることが難しくなるかもしれません」と獣医師とLVTは警告した。

犬にとって最適な遊びや運動の長さと種類は、犬の年齢、発達段階、行動、身体の健康状態や構造によって異なります。

「犬によっては、5マイルのジョギングとボール遊びの後でもまだもっと運動したいという気持ちがあるかもしれないが、ブロックを1周する短い散歩で疲れて満足してしまう犬もいる」とVCAの記事は指摘している。「犬と飼い主の生活の質を高めることが目的だ」

2022年1月の調査では 動物 環境エンリッチメント(EE)活動により、リラックス行動の頻度が「大幅に増加」し、警戒行動およびストレス行動が「大幅に減少」することが分かりました。

研究では、「EE は、心理的および生理的な健康を促進するために、追加的かつ一時的な環境刺激を与えることで、飼育動物や家畜の生活の質を高めるように設計された技術として一般的に説明されている」と述べられています。

研究によると、「同種遊び(他の犬と遊ぶこと)と遊び場活動」は「他の活動と比較して、全体的に最も大きな肯定的な行動の変化」を示した。

「一日中これをやっていられる」

TikTokのユーザーたちは、最近話題になっている動画クリップの中で子犬と飼い主が楽しくやりとりしている様子に大喜びした。

JaggarSwag さんは「おお、すごい!(彼女は)最高の人生を送っている!」と言いました。

「うちの犬はあのゲームが大好きで、ただ走って戻ってくるだけなのが面白い」とZ12BEATUさんは書き、デイビーさんは「一日中やっていられる」とコメントした。

ジェームスリカンさんは「ダックスフントは本当に楽しい」と語った。

「可愛すぎる!!!!!!!!!」とテレサ・ユーバンクスはコメントし、デボラ・フェラーリ702は「とにかく可愛い」とだけコメントした。

コメントする