「愛されたと感じたことがなかった」救助犬が永遠の家を見つけて眠る様子

人生二回分の拒絶を経験してきた保護されたハスキー犬が、すべての犬が当然受けるべき永遠の家を見つけて、ようやく夜ぐっすり眠れるようになりました。

マサチューセッツ州ボストンのジャンナ・パールスタインさんが2021年1月に初めてミロを養子に迎えたとき、保護施設の職員は彼女にこう懇願した。「どうかこの子を失望させないでください。彼は一度も愛されたと感じたことがありません。」

子犬の頃、マイロは生後わずか3週間で、2匹の姉妹とともにテキサスの元の家から捨てられました。しばらくの間、彼らは近くの森林地帯で野良犬として暮らし、ゴミ箱で見つけた食べ物で生き延び、どんなことがあっても人間を避けていました。

しかし、生後 7 か月になるころには、マイロと兄弟たちのもともと脆弱な生活は崩壊してしまいました。彼らは再開発予定の土地に住んでいたのです。その計画の背後には開発業者がおり、立ち去らなければ犬たちを安楽死させると脅迫していました。

結局、マイロとその兄弟たちはまさにその通りにしました。彼らは親切な里親に救出され、3匹の犬に餌を与え、訓練しました。彼女の作業が終わる頃には、3匹は養子に出せる状態になり、3匹のハスキーはすぐに幸せな新しい生活へと旅立ちました。

少なくとも、彼らはそう願っていた。2年後、里親は地元の殺処分施設から電話を受けた。マイロは養子縁組されてすぐに新しい家族から逃げ出し、そこに住んでいたというのだ。里親はマイロを家族と再会させようとしたが、悲しいことに、家族はもう彼を必要としていなかった。

彼女は奇跡を祈るしかなかった。成犬は里親を見つけるのが難しい場合が多い。プライスオノミクスの調査によると、ペットファインダーに掲載されている子犬の95%は新しい飼い主を見つけるが、成犬になるとその割合は75%に下がるという。

さらに悪いことに、ミロは殺処分施設に収容されており、ミロに新たな飼い主を見つけるには時間との戦いになるか、さもなければ、米国で毎年殺処分される39万匹の犬の一匹になってしまうだろうと彼女は知っていた。

しかし、ミロの奇跡は、パールスタインさんとパートナーのデイビッド・メオラさんがパンデミックの最中に養子縁組を決めた時に起こった。ミロが新しい家に慣れるまでにはしばらく時間がかかった。「ミロは長い間、男性をとても怖がっていました」とパールスタインさんは言う。「私たちを信頼するまでに数ヶ月、最初の家族のように私たちが彼を見捨てたりしないと理解するまでに何年もかかりました」

彼が経験したことすべてによる精神的な傷は今でも残っている。「彼はまだ一人でいるのが嫌いですが、私たちがいつでも戻ってくるし、長い間彼を放っておかないことも知っています」とパールスタインさんは言う。

しかし、引き取られてから3年経ち、別の何かが浮かび上がってきた。マイロは、もともと陽気で興奮しやすい犬だったのだ。「とても優しくておどけていて、初めて会ったときとはまったく違う犬になりました」とパールスタインさんは言う。「初めて会ったときは、とても内気で臆病だったのに、今ではとても間抜けで優しくて遊び好きです」

マイロは車で旅行に出かけたり、パールスタインとメオラと一緒に新しい場所を探検したり、新しい人に会ったりするのが大好きです。「こんなに大きな犬なのに、大きな赤ちゃんでもあり、『おはよう』と言われたり、朝の抱擁を受けるのが大好きです」と彼女は言いました。

「彼は探検家であると同時に、お昼寝も大好きです。できるだけ多くの場所を見て回れるように、私たちは彼をどこへでも連れて行くようにしています。ここ数年、たくさんの運動と最高の栄養を与えて、彼の健康は180度変わりました。私たちが彼を救​​出したときから、彼はまったく新しい犬になりました。」

何年もの間、食べ物を求めて格闘し、あさってきたマイロにとって、今では食事の時間は楽しみの源となっている。「彼は食事の時間が大好きで、これから食べると分かると、食べ物を求めて回転することさえあります」とパールスタイン氏は語った。

一方、寝る時間も毎回同じように優しく迎えられる。「一日の終わりに彼が一番好きなのは、ぬいぐるみたちと一緒にベッドにくるまれることです」とパールスタインさんは言う。「寝る準備ができたら、寝る前に抱きしめてキスしてもらいます。愛されているという実感がわいた今、彼はそれがいくらでも欲しいと思っているのです。」

パールスタインさんは、マイロの旅が、他の人たちに犬を救うチ​​ャンスを与えてくれることを期待している。「確かに、多くの時間と献身、そして何よりも忍耐が必要ですが、かつては無力だった動物に与えられる影響は、まさに人生を変えるほどのものです」と彼女は語った。

「保護犬は危険で攻撃的で、悪い癖がついているという固定観念が時々ある」とパールスタイン氏は付け加えた。「マイロは人生のスタートが大変だったが、特にこれまでの経験を考えると、とても優しく、穏やかで、かわいくて、忠実だ。犬はみんな優しい心を持っている。飼い主はただ、その心を見つけて引き出す手助けをしてあげればいいのだ」

コメントする