犬との暮らしをより楽しくする--Dog Magazine

Dog Magazine ドッグマガジン
トップページへ
愛犬が健康に痩せるには
これが健康ダイエット食
犬のしつけ教室
手作りご飯・簡単レシピ
特集記事
公園で出会ったワンたち
プロに学ぶ、
シャンプー・テクニック
アレルギーの愛犬に朗報!
EPAが体質を改善
アレルギーの犬の食事

 モモちゃんのボール誤飲事故

あっ! モモちゃんがボールを飲んだ!!

 嵐山高雄パークウエイのドッグランでモモちゃんが、ゴムボールを飲み込んでしまったのです。ボールをなんとか吐き出さそうと、ドッグランに居合わせた人たちが協力してくれたんですが…。

 ドッグランでお世話になった皆様、ほんとうにありがとうございました。また、お電話まで頂戴しまして、ほんとうにご心配をおかけしました。

 ボール誤飲事故当日は日曜日で獣医さんは休診。それでやむなくそのまま帰宅し、翌日、獣医さんに行き、レントゲン撮影。ボールはレントゲンには写らないのですが、もし腸に詰まっているとすると、ガスが溜まるから分るらしいのです。レントゲン写真には、詰まっているようなガスの陰影はないとのことで、しばらく様子をみることに…。万一、腸に詰まって腸閉塞になると、何を食べても、飲んでもすぐに吐くそうです。吐いてから、手術をしても遅くないとのことでギリギリまで待つことにしました。
 「多分出てくるでしょう」という獣医さんの言葉だけが頼りの日々。2日が経ち、3日、4日が経っても出て来ません。腸閉塞になったらどうしよう。ほんとうに心配。なんだかこっちの胃腸の調子までおかしくなってきました。なぜ、あの日、なんとしても病院を探さなかったのかと後悔の日々…。
 ちょうど1週間目の日曜日の朝、7時頃でした。モモちゃんがオエッ、オエ〜と小さくえずき、胃液を少しだけ吐き、その後、オエッ、オエッ、オエ〜と大きくえずいたかと思うと、口からポロっとボールが出てきました。バンザ〜イ、あ〜よかった。
 そのボールが下の写真。ボールの半分以上が裂け、あとの残りはほぼそのままのような状態でした。


犬の誤飲自己のボール 犬の誤飲自己のボール
モモちゃんが吐き出したボール。ビニール袋に入れたまま撮影しましたので少し見にくいかも知れません。ボールの半分以上が裂け、あとの残りはほぼそのままのような状態。(右の写真は、左の写真の反対側を撮ったもの)。

ボールなどを飲み込んだらオキシドール

 周りの人に聞けば、ボールを飲み込むわんちゃんってけっこう多いようです。中には手術をしたわんちゃんもいました。ボールなどを過って飲み込んだ場合は、すぐに獣医さんに連れて、吐き戻しの処置をしてもらうのが一番ですが、日曜日だったり、近くに動物病院がない場合はどうすればいいか。そんな緊急の場合の処置について、モモちゃんのかかりつけの獣医さんにお聞きしました。
 その緊急の処置に使用するのが消毒用のオキシドール。オキシドールなら薬局で簡単に手に入ります。ボールなどの異物を飲み込んだ場合、1時間以内にオキシドールを原液で飲ますと、たいていは吐き出すそうです。量はモモちゃん(体重23kg)の場合で5cc〜10cc程度。小型犬(4〜5kg)なら、1ccほどでいいそうです。
 その後、モモちゃんはいつもオキシドールを携帯しております。



自然の中のドッグラン 嵐山高雄パークウエイ「ワン遊ランド」>>
大きな池の畔にあって、なかなか気持ちの良いドッグラン

嵐山・嵯峨野の竹林の道をそぞろ歩き>>
編集スタッフのモモちゃんといっしょに嵐山・嵯峨野の竹林の道をのんびりと歩いて来ました

特集記事バックナンバー

犬との暮らしをより楽しく…Dog Magazineのトップページへ

Copyright(C)2005 Dog Magazine. All rights reserved.
犬との暮らしをより楽しくする--Dog Magazine