犬との暮らしをより楽しくする--Dog Magazine

犬との暮らしをより楽しくする--Dog Magazine
トップページへ
愛犬が健康に痩せるには
これが健康ダイエット食
犬のしつけ教室
手作りご飯・簡単レシピ
特集記事
公園で出会ったワンたち
プロに学ぶ、
シャンプー・テクニック
アレルギーの愛犬に朗報!
EPAが体質を改善
アレルギーの犬の食事

犬のしつけ教室に通って覚えたテクニック



わがDog Magazineのスタッフが、モモちゃんといっしょにしつけ教室に通うこと約半年。教室に通ってわかったこと。それはわんちゃんの問題よりも飼い主に問題が多いっていうこと。すべて飼い主のやり方ひとつにかかっている。やり方がわかれば話は簡単。そこで、教室で覚えたテクニックをこそっとお教えします。
今回は、人が止まると、犬も一緒に止まって座るテクニックをご紹介。散歩中に役立ちます。


人が止まれば、犬も止まってその場で座る

犬と散歩をしているときに、トマレやスワレなどの指示をしなくても、人が止まれば、犬も止まってその場で座り、待つというテクニックがあります。散歩中の信号待ちや踏切り待ちなどのシーンで役立つテクニックです。これは、人が止まれば、必ず犬もその場で座り、待つというところに意義があります。

「人が止まれば、犬も止まってその場で座る、待つ」というのは、脚側行進が出来ていれば、これはもう出来ているはずですから、このテクニックを新ためて覚えるという必要はないでしょう。ここではそうじゃない場合をとりあげます。

それでは散歩に出かけましょう。
まずは脚側行進です。そして歩いている途中で止まります。すぐに名前を呼んで、スワレの指示を出します。このとき、少しぐらい人から離れていてもかまいません。座れば、ご褒美におやつを与え大いに誉めます。次に、ツイテと指示を出し、再び脚側行進をします。3m〜5mほど歩いたら止まり、スワレの指示を出します。座れば、ご褒美におやつを与え大いに誉めます。これを何度か繰り返すとスワレの指示がなくても、人が止まれば、犬も止まり、その場で座るようになります。その場合も誉めることを忘れてはいけません。

上の方法でうまくいけば何の苦労もないのですが、そうはうまくいかないかもしれません。まず、人が止まっても犬が止まらないケースが考えられます。人が止まっても、犬が先に行こうとする場合は、脚側行進に問題があります。脚側行進の練習を今一度してみましょう。

毎日の散歩はトレーニングの最高のチャンス

脚側行進の練習はまず、犬をツイテの位置に置くことです。人の左側の膝にぴったりつくようにして座らせます。理想的には犬の肩は人の足の位置から前に出てはいけません。そして人の足にできるだけ近くに寄らせます。でも触れてはいけません。これがツイテの位置です。

犬の名前を呼んでツイテと指示を出し、1歩か2歩前進して、再びツイテの位置で座らせます。うまくできたら誉めます。おやつを与えてもかまいません。座らない場合はおやつで誘導し、確実に座らせるようにします。これを頻繁に繰り返します。頻繁に繰り返すことで、犬だけが先に進んでしまわないようにコントロールできます。また、自然に人が止まれば犬も止まり、座るようになります。

ただし、力づくで無理に座らせようとしてはいけません。力づくで座ることを教えられた犬は、頻繁に座ることがうまくできません。あくまでも犬が自発的に座ることが大切です。そのためにはうまくできたら誉めること。犬に誉め過ぎはありません。

散歩はトレーニングのチャンス
さぁ、トレーニングを始めるぞというスタンスでいる必要はありません。毎日の散歩はトレーニングの最高のチャンスです。
散歩中の信号待ちや踏切り待ち、向こうから他の犬がやって来た、子供がやって来たなど、あらゆる機会を利用して、「歩く、止まる、座る」のチャンスを作りましょう。このようなチャンスでは、座らせたらマテをさせる場合が多いものです。信号が青に変わるまで、踏切りが上がるまでなど、きちんと待たせるトレーニングにもなります。もちろん、思いつきで止まり、座らせることもいいでしょう。時に長く待たせ、時に短く待たせたりと変化をつけましょう。

脚側行進は、犬にかなりの緊張をしいるようです。毎日の散歩では脚側行進と自由散歩とをうまく交互に入れるとよいでしょう。そうすることで、散歩がより楽しいものになります。


しつけ教室に通って覚えたテクニックをこそっと教えます バックナンバー>>

おしゃれなハーフチョーク首輪なら
犬の首輪とリードのセレクトショップ
犬の首輪 ハーフチョーク首輪

犬との暮らしをより楽しく…Dog Magazineのトップページへ

Copyright(C)2005 Dog Magazine. All rights reserved.
犬との暮らしをより楽しくする--Dog Magazine