犬との暮らしをより楽しくする--Dog Magazine

犬との暮らしをより楽しくする--Dog Magazine
トップページへ
愛犬が健康に痩せるには
これが健康ダイエット食
犬のしつけ教室
手作りご飯・簡単レシピ
特集記事
公園で出会ったワンたち
プロに学ぶ、
シャンプー・テクニック
アレルギーの愛犬に朗報!
EPAが体質を改善
アレルギーの犬の食事


公園で出会ったわんちゃんたち

公園で出会ったわんちゃんたち<11>
Dog Magazine編集スタッフのモモちゃんが出会ったわんちゃんたちをご紹介。
今回は1120日に開催されたギグレース京都大会の会場となった京都府・美山町の長谷運動公園で出会ったわんちゃんたちをご紹介します。

ギグレース直後のシノちゃん。レースを終えてホッとひと息?! んっ、それとも反省?!
ギグレース・ノービスクラスを走り終った直後のシベリアン・ハスキーのシノちゃんです。レース中の表情とはまた違った表情が素敵です。レース中の表情は、これは楽しそう! 人と犬が一体となって楽しめるドッグスポーツ“ギグレース”を見てみてネ!
シベリアン・ハスキー
1909年、シベリアン・ハスキーがアラスカのソリ引きレースに初参加して以来、多くのソリ引きレースを制覇。ピアリーによる北極探検、アムンゼンやスコットの南極探検、第二次大戦中には救助犬としてアメリカで目覚ましい活躍をおさめその地位を確立しました。1925年、アラスカのノーム市でジフテリアが発生、血清の緊急輸送が必要となった時、シベリアン・ハスキーの犬ゾリがリレーして人命を救い、このニュースがアメリカ国内でのシベリアン・ハスキーの知名度を急速に高める事になりました

シベリアン・ハスキーは人に対して友好的で、家庭犬にふさわしい多くの特質をもっています。生来の清潔好きで体臭もほとんどありません。眼色は、ブルー、褐色、ハシバミ色などがありますが、左右の眼色が異なる事が許される数少ない犬種でもあります。

ハスキーのちびっ子。可愛いでしょ!
ギグレース京都大会の会場でお留守番していたハスキーちゃん。ちょこんとおすわりしたままで、誰を待っているんでしょうか。あまりにも可愛いのでカシャッ!

とってもやさしい目だね
ちょっとシャイなんだよね
レオンベルガーのウィンちゃん。人なつこくて、犬なつこくて、やさしい性格。やさしい目をしているワンちゃんは性格もやさしいんだね、きっと。
ウィンちゃんは、もちろんギグレースに出場! 頑張ったんだよね。

レオンベルガー
レオンベルガーは威厳ある風貌が好まれ、19世紀の終わりには牧畜犬としての能力が高く評価されています。他の大型犬種と同様に第二次大戦中に数が激減し絶滅の危機を迎えましたが、
戦後母国のドイツ、イギリスで熱心に繁殖されるようになり、 近年になってヨーロッパ以外の国でも知名度が高くなっています。 めったに吠えないため番犬としては不向きと言われますが、優秀な家庭犬として人気が高まっています。
レオンベルガーは大きく、力強く、優美な犬で、主人に忠実で温和、子供に対しては優しく愛情豊かです。

ボルゾイのケイズちゃん。撮らしてねってお願いしたんだけど…。恥ずかしがり屋さんで、ようやく撮れたのがこのカット。
ケイズちゃんも、もちろんギグレースに出場! 成績はヒ・ミ・ツ!
ボルゾイ
ボルゾイは長年「ロシアン・ウルフ・ハウンド」と呼ばれてきた犬種で、かつては敏速に駆けてオオカミと闘った猟犬でしたが、1世紀以上にもわたって愛玩犬として管理され続けたことで、その狩猟本能は衰えたといわれています。それでも敏感で機敏で持久力は高いほうです。普段は温和で非常にもの静かなうえ、繊細で感受性も豊かです。反面、知らない人間など未知のものに対しては簡単に気を許すことはありません。

キリッ!この行儀の良さ、見習わなきゃ
キレイにとってネ
右のハスキーちゃんがリラックスしているのに比べて左のワンちゃんはずっとこんな感じ。まるで人間がかしこまっているみたいで…。カシャッ。
このワンちゃんの前を行ったり来たりと何度も通りましたが、常にこのままの姿勢。

ギグレースを見に来ていたバーニーズのムサシちゃん。いろんなポーズをとってくれたんだよね。ご協力ありがとうね。この次はギグレースに参加するのかな? 見てるだけでも楽しそうだもんね。今度はレース中を撮らしてね。


取材交渉中のモモちゃん。
ペロペロっとなめられちゃいました。モモちゃんとっても気に入られたみたい。

Dog Magazine編集スタッフ モモちゃんについて

ボクサーの女の子。好奇心は人一倍、いや、犬一倍旺盛。わんちゃんよりも人間のほうが大好き。編集スタッフとしての仕事は、わんちゃんの撮影許可等の交渉、ポーズづくり等のスタイリングなど。

公園で出会ったわんちゃんたち バックナンバー>>

犬との暮らしをより楽しく…Dog Magazineのトップページへ

Copyright(C)2005 Dog Magazine. All rights reserved.
犬との暮らしをより楽しくする--Dog Magazine