犬との暮らしをより楽しくする--Dog Magazine

Dog Magazine ドッグマガジン
トップページへ
愛犬が健康に痩せるには
これが健康ダイエット食
犬のしつけ教室
手作りご飯・簡単レシピ
特集記事
公園で出会ったワンたち
プロに学ぶ、
シャンプー・テクニック
アレルギーの愛犬に朗報!
EPAが体質を改善
アレルギーの犬の食事


モモちゃん若狭鯖街道「熊川宿」を歩くぅ〜
編集スタッフのモモちゃん(ボクサー犬・女の子)といっしょに若狭鯖街道「熊川宿」へ。
若狭鯖街道「熊川宿」は、滋賀県から福井県に少し入った、県境辺りに位置する小さな旧宿場町。国の重要伝統的建造物保存地区にも指定され、きれいな町並みで情緒たっぷり


のんびりと、ゆっくりと、熊川宿
 熊川宿を通るのは鯖街道。若狭の小浜から、熊川を通り、保坂、朽木、大原、を経由して京都市左京区の出町柳に至る。古代から、若狭は朝廷に食料を献上する御食国(みけつくに)のひとつで、日本海で獲れた魚貝が京の都まで運ばれた。江戸時代の中頃から、鯖が若狭の海で多く獲れるようになり、若狭から京都へ鯖を運ぶこの街道が「鯖街道」と呼ばれるようになった。また、若狭湾で獲れた鯖に塩をし、夜も寝ずに京都まで運ぶとちょうどよい味になっていたともいわれている。

 鯖街道の起点は、魚問屋が集中する小浜市泉町で、小浜には「京は遠ても十八里」という言葉が残されている。この十八里(約72km)の中継点となったのが「熊川宿」で、当時の繁栄を物語る古い町並みが今も残る。江戸時代の最盛期、鯖街道には1日に約千頭もの牛馬が行き交ったそうだから、大変な賑わいだったのだろう。

 熊川宿は、もとは戸数40戸ほどの小さな寒村で、豊臣秀吉に重用された浅野長政が小浜城主になった時、熊川が交通と軍事の重要な場所であったことから、天正17年(1589)に諸役免除の布告を発し、宿場町としたもの。以来、若狭代々の領主はこの政策を受け継ぎ、熊川は江戸時代を通じて近江国境に接する宿場町として大いに繁栄し、江戸時代には熊川宿の戸数は200戸を越える町になったといわれている。現在は100戸ほど。

ボクサー犬モモちゃん 熊川宿を歩く
熊川宿を通る鯖街道をモモちゃんも歩くぅ〜。運んでいるのはすでにお寿司になった鯖?!

 熊川宿は約1.1kmの両側に平入と妻入の町家が混じって建ち並び、上ノ町(かみんちょう)、中ノ町(なかんちょう)、下ノ町(しもんちょう)に分かれている。中ノ町には町奉行所、問屋、社寺があり、町の中心的役割を果たしていた。下ノ町と上ノ町は、茶店、宿などが多くあったようだ。上ノ町の端には関所(口留番所)が設けられていた。また、下ノ町と中ノ町の間には「まがり」と呼ばれる、道が折れ曲がるところがある。その昔、敵の突進を防ぐために作られた曲り角だ。ちなみに今は角に駐在所がある。

 熊川宿の町並みの特徴は、街道に面して多様な形式の建物が建ち並んでいることで、全く形式の異なる建物が混在しながらも、連続性のある町並みを形づくっている。
 ところで、宿場町といえば、その景観に欠かせないものが、町の通りを流れる水路。もちろん、熊川宿にもその水路がある。「前川」という名で、水量が豊富で流れが早く、清らかな水路だ。家ごとには、この前川を利用する「かわと」と呼ばれる水利施設が設けられている。

熊川宿の水路「前川 ボクサー犬モモちゃん いも車に興味津々
熊川宿の水路「前川」で「いも車」が回る モモちゃんは「いも車」のゴロゴロという音に興味津々

 それでは熊川宿をモモちゃんと一緒に歩いてみましょうか。
 滋賀県高島市今津町から国道303号線を小浜方面へ行くとほどなく道の駅「若狭熊川宿」に着く。ここから2〜3分歩けば上ノ町の端にある「熊川番所」。比較的道幅が広く歩きやすい道だ。のんびり歩いていると、羽根の付いた樽のようなものが、前川の流れでコロコロと回っている。なんだろうと、地元の人に聞いてみると、「いも車」といって、これでイモを洗っているんだとか。モモちゃんは「いも車」のゴロゴロという音に興味津々。

 上ノ町から中ノ町をつなぐ中条橋を渡ると、すぐ右手にあるのが旧逸見勘兵衛家で、伊藤忠商事二代目社長となった伊藤竹之助翁の生家だそうだ。熊川を代表する町家の一つで、町指定の文化財にもなっている。この辺りから、かつては問屋だったろうと思われる商家が建ち並び、宿場町の風情が一段と高まる。山すそに開けた町だからだろうか、通りの鯖街道を吹き抜ける風が爽やかで、ほんとうに心地良い。町の所々には「いっぷく処」や「お食事処」、「お土産処」などもあるが、観光地といった風ではないのがいい。田舎に帰ってきたような郷愁も感じられ、のんびりする。たまには、こんな旅もいいなぁ、来てよかったぁというのが実感だ。

熊川番所(上ノ町)。
元あった場所に再建されている。
旧逸見勘兵衛家住宅(町指定文化財)(中ノ町)。熊川を代表する町家のひとつで、伊藤忠商事二代目社長・伊藤竹之助翁の生家。
菱屋勢馬清兵衛家(中ノ町)。
間口の大きな店構えに隆盛を極めたであろう問屋の風格を感じる
倉見屋荻野八左衛門家(中ノ町)典型的な平入造りで、その重厚な店構えに、往時の問屋の勢いが忍ばれる
蔵がそのまま鯖街道に面して建つ。いっぷく処になっている 熊川宿の町並みの特徴は、街道に面して多様な形式の建物が建ち並んでいること

 ところで、若狭鯖街道「熊川宿」のお土産といえば、何をおいてもやっぱり鯖だ。鯖寿司や焼き鯖寿司は定番中の定番。町のあちこちで売られている。もちろん、お店の中で食べることもできるから、お昼は鯖寿司がいいかも。犬も一緒に中で食べられるお店もある。スタッフは、モモちゃんと一緒に下ノ町(しもんちょう)にあるお食事処で、鯖寿司をいただいた。店の外に椅子とテーブルがあったので、「ココで犬と一緒でもいいですか」と店の人に訪ねると、「店の中に入り、一緒でかまへんよ」というお言葉に甘えさせていただいた。感激!

 熊川宿の鯖寿司のおもしろいのは、店によって値段がまちまちなこと。聞けば、店によって味も違うんだとか。どこかでまとめて作ったものを、各店がそれぞれ販売しているということではないらしい。だから、2〜3の違ったお店で買って、味比べなんていうのも楽しいかも。
 中でも珍しいのが「鯖のへしこ」。鯖のぬか漬だ。2〜3cmに切って、好みにより水洗いして、軽くあぶる程度で食べるそうだ。熱いご飯、特にお茶漬には絶品なんだとか。
 意外なのが葛。葛を売っている店がけっこうある。葛きりや葛餅、葛ようかん、葛うどんもある。熊川葛といって熊川の名産だそうだ。儒学者の頼山陽は「熊川は吉野より よほど上品にて 調理の功これあり」と母親への手紙に書いているそうだから、熊川のお土産に葛は外せない。

 読者の皆様、いかがでしょう。爽やかな風に吹かれながら熊川宿をのんびり散策するという旅は…。ど〜こか遠くへ〜行きた〜い♪を大満喫できますよ。
逸見源右衛門家(中ノ町)の「がったり」でパシャ。
風情漂う酒屋さん
小浜側からの熊川宿への入口 熊川宿の鯖街道を一人占め、イエ、一匹占め

あ・ん・な・い
熊川宿
●交通/クルマ=名神高速・京都東ICから西大津バイパス、湖西道路、国道161号線で滋賀県高島市今津町へ、今津町から国道303号線を小浜方面へ。道の駅・若狭熊川宿を目的地にすると分かりやすい。

熊川宿を詳しく>>

※この記事は20075月に作成したものです。
特集記事バックナンバー

犬との暮らしをより楽しく…Dog Magazineのトップページへ

Copyright(C)2007 Dog Magazine. All rights reserved.
犬との暮らしをより楽しくする--Dog Magazine