イースターの安全と犬のためのアクティビティ

イースターバニーの到着の準備をしているときは、あなたの犬がどのように休日に参加するかを計画することを忘れないでください。 私たちのお気に入りのイースターのおやつや伝統の多くは犬にとって危険な場合がありますが、ある程度の準備をしておけば、家族の伝統を楽しみながら同時に愛犬の安全を守ることができます。 ペットをその日のお祭りに安全に参加させる方法も見つけることができます。

食事を共有しないでください

残念ながら、私たちのお気に入りのイースターのおやつのほとんどは犬にとって危険です。 チョコレートバニーなど、これらの食べ物の中には犬にとって有毒なものもあります。 他のイースターフードは、通常、玉ねぎ、ニンニク、キシリトールなど、犬にとって有毒な材料で調理されているため、危険である可能性があります。 他のイースタースナックには高濃度の塩分や砂糖が含まれており、犬のお腹を壊す可能性があり、食べるのに健康的ではありません。

犬から遠ざけるべき一般的なイースターフードには次のようなものがあります。

  • デビルエッグ
  • ハム
  • クッキー
  • ケーキ
  • チョコレートエッグ
  • あめ
  • マッシュポテト/二度焼きポテト
  • キャロットケーキ
  • インゲン(バターまたはスパイスを使用して調理した場合); 普通のインゲンは犬と分けても安全です。

イースターのブランチやディナーにゲストを招く予定がある場合は、必ず犬から目を離さないようにしてください。また、犬が手の届く場所に犬が一人残されないように、人々がプレートを置く場所にも注意してください。

グラスに気をつけましょう

多くの家族はイースターにお酒を飲むのを楽しみますが、犬に飲み物を飲ませないようにすることが重要です。 アルコールは犬にとって有毒です。 あなたもゲストも、アルコールの入ったグラスを低いコーヒーテーブルや床など、犬がアクセスできる場所に放置しないように注意してください。

エッグハントの危険性

イースターエッグ探しは子供や家族にとって楽しいものですが、犬が巻き込まれないようにすることをお勧めします。 卵を掴むために走ったり、笑ったり、叫んだり、競争したりする子供たちのエネルギーは、多くの犬にとって過剰な刺激となり、イースターエッグハンターを追いかけ始める可能性があります。 犬が自ら卵を掴むこともあります。 狩りの興奮は、見つけた卵を手放したくない犬からの資源保護を引き起こす可能性があります。

犬のためのイースターエッグハントの安全性の主な問題は、プラスチックの卵とその中に入れられるすべてのものです。 犬が卵を掴んで開けると、プラスチックを噛んだり飲み込んだりする可能性があり、口を切ったり、閉塞を引き起こしたりする可能性があります。 イースターエッグに隠されたチョコレートやキャンディーは特に有害である可能性があります。 イースターエッグには小さなプラスチックやゴム製のおもちゃも付属していることが多く、これらを摂取すると犬に危険を及ぼす可能性があります。 犬をリードにつないだり、家の別の場所に置いたりして、卵狩りから犬を遠ざけるのが最善です。

イースターエッグハントを主催する場合は、卵が隠されているすべての場所を追跡してください。 イベントが終了したら、すべての卵が見つかったか、犬が見つけられる場所に卵が残っていないかを必ず再確認してください。 卵がイースターエッグハンターによって落とされたり、犬が手の届く高さに放置されていないことを確認してください。 犬を外に出す前に、庭にキャンディの包み紙が誤って地面に捨てられていないか確認してください。 ウサギのチョコレートの周りにあるホイルやプラスチック製のキャンディーの包みは犬にとって魅力的かもしれませんが、消化されません。

テッポウユリを避ける

テッポウユリは美しいですが、ペットのいる家に持ち込むべきではありません。 ユリはイースターシーズンの贈り物として非常に人気がありますが、猫や犬にとっては非常に有毒で、腎不全を引き起こす可能性があります。

イースターバスケットの監督

イースターバスケットを作ってプレゼントする場合は、犬が届かない場所にバスケットを保管してください。 イースターバスケットにはプラスチック製の草が含まれている場合があり、犬が食べると障害を引き起こし、緊急の獣医師の治療が必要になる可能性があります。

より安全な代替手段は、再生紙で作られた装飾用のイースターバスケットグラスを購入することです。 あなたの犬に、犬専用のお祝いのイースターバスケットを作ってみてはいかがでしょうか。

ビーグルの子犬が草の中でイースターエッグの入ったバスケットで遊んでいます。

犬のイースターバスケット

イースターの伝統や贈り物の多くは犬にとって危険な場合がありますが、犬をイースターのお祭りに参加させる安全で楽しい方法があります。 犬に自分だけのイースターバスケットを作って、イースターの朝に開けてもらうことができます(助けと監督が必要です)。 犬に最適なイースター バスケットのおやつには、お祝いのおもちゃやおやつのほか、バンダナやその日の衣装 (犬をドレスアップするのが好きで、犬が衣装を着るのに抵抗がない場合) が含まれます。

犬に安全なイースターエッグハント

愛犬専用のイースターエッグ探しを作って、休日に犬を参加させる楽しい方法です。 犬のお気に入りのおやつやおもちゃの小さな部分を家の部屋の周り、または柵で囲まれた庭に隠します。 おもちゃやおやつを隠したら、犬に探し始めるように促し、隠されたおやつやおもちゃを見つけたら褒めてください。 プラスチック製のイースターエッグを使って、犬が探すおやつや香り(香りの訓練をしている場合)を隠すこともできます。

プラスチック製の卵の中にお菓子や香りを隠す場合は、すべての卵がどこに隠されているかを記録してください。 犬が探している間は注意深く監視してください。 卵を見つけたら、卵を開けて中のおやつをあげたり、中に匂いを見つけたらご褒美を与えたりすることができます。

複数の犬を飼っている場合は、犬ごとに個別のイースターの「エッグ」探しを設定するのが最善です。 各犬を別々に探すことで、おやつやおもちゃを探す犬同士の争い、資源の保護、いじめを防ぐことができます。 これは愛犬にとって楽しいだけでなく、愛犬と一緒に Dog Magazine を通じてバーチャル セント ワーク タイトルの獲得に向けたトレーニングを始めるのにも最適な方法です。

スペースの作成と監視

お祝いのためにゲストを招く場合は、特に子供の周りで犬が快適に過ごせるように犬を監視することが重要です。 家の中に人がたくさんいて犬が圧倒されてしまう場合は、犬が正しい判断をできるようサポートできるよう、リードを付けてあげるのが良いでしょう。

あるいは、クレートの中で、またはドアや犬/ベビーゲートの後ろの家の静かな場所で、おやつのぬいぐるみや犬に安全な噛み物を犬に与えることもできます。 これは、訪問者が家にいるときや、飼い主がイースターのお祭りに夢中で犬に注意を向けることができないときに、犬がリラックスできるようにするのに役立ちます。

コメントする