犬の足を雪、氷、塩から守ります

冬の間、犬の足は雪、氷、歩道の塩分、そして全体的な寒さによって打撃を受ける可能性があります。 私たちが靴を履くときのように肉球を保護することができないため、肉球を保護することが重要です。 幸いなことに、この冬、犬の足を守る方法がいくつかあります。 以下の方法で寒さに備えてください。

ブーツ

好きでも嫌いでも、犬用ブーツは冬の間に子犬の足を覆うのに最適な方法です。 すべての品種が寒さに耐えられるように設計されているわけではありません。 したがって、ブーツは暖かく、完全にカバーし、耐久性があるため、犬の足を保護する効果的な方法です。 犬の適切なサイズを見つけるには、かかとから足の爪の先端までを測定します。

パウバーム

雪や氷の上を歩く前に、犬の足に肉球バームを塗り込みます。 これにより、塩分による皮膚の乾燥とダメージが最小限に抑えられます。 散歩から帰ったら必ずバームを塗り直してください。 肉球バームを手元に置いておくと、寒い季節に肉球を柔らかくしなやかに保つ良い方法になります。 ペットショップで購入することも、DIYレシピに従って自分で肉球バームを作ることもできます。

冬に屋外で足をあげるバーニーズ・マウンテン・ドッグ。

タオルを手元に用意しておいてください

犬を散歩に連れ出すときは、必ずタオルで足を拭いてください。 これにより、散歩中に踏んだ可能性のある塩、氷、その他の残留物によるダメージを最小限に抑えることができます。 塩分が気になる場合は、バケツに入ったぬるま湯に足を浸してタオルで乾かしてください。

散歩は短くしてください

極寒の時期には、犬の散歩は短くするのが最善です。 寒い場所に長時間いると凍傷になる可能性があり危険です。 あなたにとって寒すぎる場合は、犬にとっても寒すぎる可能性があることに注意してください。 犬を散歩に連れて行く場合は、コートやジャケットを着せることを検討するとよいでしょう。

コメントする