犬はグレープフルーツを食べても大丈夫ですか?

多くの人にとって、グレープフルーツは大好きな果物であり、サラダや他の料理にジューシーなアクセントを加えます。 抗酸化物質が豊富なグレープフルーツには、独特のピリッとした風味もあります。 グレープフルーツを食べている人は、犬がグレープフルーツを食べても大丈夫なのか疑問に思うかもしれません。

犬はグレープフルーツを食べても大丈夫ですか?

オレンジと同様、犬は通常、少量のグレープフルーツを問題なく食べることができます。 しかし、グレープフルーツはビタミンCの優れた供給源ですが、グレープフルーツは犬にとって良いのでしょうか? あまり。

グレープフルーツの果肉は犬にとって有毒ではありませんが、犬に与えないことが最善です。 グレープフルーツは「犬の腸を非常に刺激する可能性があります」と、AKCの主任獣医師であるジェリー・クライン博士はアドバイスします。 これは、グレープフルーツに含まれるクエン酸濃度が高いことが部分的に原因です。

犬とグレープフルーツの皮

犬は技術的にはグレープフルーツの果肉を少量であれば摂取できますが、果物の残りの部分については同じことが言えません。 グレープフルーツの皮には天然のエッセンシャルオイルが含まれているため、「犬にとって皮と皮は有毒です」とクライン博士は説明します。 犬がグレープフルーツの皮を食べた場合は、すぐに獣医師に連絡してください。 グレープフルーツを食べたり、一緒に料理したりする場合は、残った果物や皮の処分方法に十分注意してください(犬が開けられないゴミ箱に入れる必要があります)。

犬がグレープフルーツを食べた場合の対処法

ペットがグレープフルーツを食べると、胃腸障害を起こす可能性があります。 犬が果肉を大量に食べた場合は獣医師に連絡し、グレープフルーツの皮や皮を食べた場合はすぐに獣医師または救急動物病院に連絡する必要があります。 獣医師はあなたの犬の状態を評価することができます。 犬を直接診察すべきかどうか、またどのような治療が必要かを判断できるよう、犬がグレープフルーツをどのくらい食べたかを必ず伝えてください。

皿の外の床にこぼれたドッグフードを食べるチョコレートラブラドルレトリバーの子犬。

シトラスを犬と安全に共有する方法

犬に柑橘類を安全に分け与えたい場合は、皮だけではなく、みかんやオレンジの果肉の小片を犬に与えてください。 犬に新しいフードを与える前に、獣医師に相談してください。 犬に与えるのは少量だけにしてください。 行動の変化やその後の胃の不調に気付いた場合は、その果物を与えるのを中止してください。

コメントする