犬はレモンを食べても大丈夫?

人々にとって、冷えたレモネードグラスほど爽快なものはありません。 さらに、レモンにはビタミンCと繊維が豊富に含まれています。 調理中にこれらを使用すると、お気に入りのレシピに風味を加える健康的な方法になります。

しかし、犬はレモンを食べてもいいのでしょうか? いいえ、その理由は次のとおりです。

レモンは犬にとって安全ですか?

レモンの果肉部分は犬にとって有毒ではありませんが、この果物は依然として犬に与えられるものではありません。 レモンを食べると犬が病気になる可能性があります。 さらに、柑橘類の酸味はほとんどの犬にとって不快なものです。 AKCの主任獣医責任者であるジェリー・クライン博士は、「犬はレモンを食べることはできますが、柑橘系の刺激的な匂いが嫌いなので、自ら進んで食べるわけではありません。」とアドバイスしています。

レモンの匂いが嫌いな犬には効果的です。 果物をさらに濃縮したレモン汁には、犬にとって有毒なクエン酸が大量に含まれています。 さらに、犬をレモンの皮や皮膚から遠ざけることが重要です。 レモンの皮には、犬にとっても有毒なソラレンが含まれています。 レモンの皮を飲み込むと胃閉塞を引き起こす可能性があります。 犬がレモンや皮を丸ごと食べてしまった場合は、すぐに獣医師に連絡してください。

同様に、レモン自体には糖分があまり含まれていませんが、人間はレモネードやレモンタルトなどの甘いレモンベースの飲み物や食べ物を好みます。 これらの製品を犬に与えないことをお勧めします。 砂糖が多すぎると、犬の肥満や肥満に関連した健康状態を引き起こす可能性があります。

レモンオイルを避ける

レモンの香りは多くの人を喜ばせますが、犬にとっては有害になる可能性があります。 「アロマオイルは有毒であると考えられています」とクライン博士は説明します。 エッセンシャルオイルと直接接触すると局所の炎症を引き起こす可能性があり、エッセンシャルオイルを直接摂取すると犬や猫にとって有毒で危険な可能性があります。 レモンエッセンシャルオイルには、d-リモネンとリナロールが含まれています。 これらの天然殺虫剤は、摂取すると犬に害を及ぼす可能性があります。

自宅のボウルの隣に横たわるフレンチ ブルドッグ

レモンオイルを摂取すると、ペットの肝臓に深刻なダメージを与えたり、下痢や嘔吐などの症状を引き起こす胃腸炎を引き起こしたりする可能性があります。 ただし、犬は柑橘類の匂いを嫌うため、犬が噛むのを防ぐためにスプレーの希釈剤に柑橘類の匂いが使用されることがあります。

犬が代わりに食べられる果物

犬はレモンの代わりに、ビタミンが豊富で犬に安全な果物を数量限定で食べさせてもよいでしょう。 犬にリンゴの小片(ビタミンCとビタミンAの優れた供給源)を与える前に、種と芯を取り除いてください。

あるいは、カットしたブルーベリー(抗酸化物質が豊富)やイチゴ(繊維質が豊富)を試してみてください。 甘いジュースやシロップが詰まっている缶詰のフルーツや、炭水化物が多く砂糖で加工される可能性のあるドライフルーツを犬に与えないことをお勧めします。

コメントする