犬は桃を食べても大丈夫?

新鮮でジューシーな桃は夏の大きな楽しみの一つです。 このおいしいおやつを愛犬と共有してもよいか迷っているなら、いくつかの注意点とともに、答えは完全に「はい」です。 結局のところ、犬は肉食動物なので、食事の一部として果物をあまり必要としません。 犬の消化は人間の消化とは異なる働きをしており、私たちに適した食べ物の中には犬には適していないものもあります。

桃はビタミンAと食物繊維の優れた供給源です。 小さく切った桃の果肉は犬にとって安全です。 しかし、彼の定期的な食事の一部ではない他の食べ物と同様に、桃は胃の不調、最も一般的には一時的な下痢を引き起こす可能性があります。

缶詰や保存した桃を犬と共有しないでください。 それらには大量の砂糖が含まれており、犬の消化器系に深刻なダメージを与える可能性のある防腐剤や人工甘味料が使用されている場合もあります。

市販の果物のほとんどは、有毒となる可能性のある殺虫剤で処理されています。 犬(またはあなた)が桃を食べる前に、必ず桃を洗ってください。

最大の危険はピーチピット、または石と呼ばれるものです。 桃の石にはアミグダリンと呼ばれるシアン化糖化合物が含まれています。 犬が影響を受けるためには桃の種を数個摂取する必要があるとはいえ、有毒となる可能性のあるものをあえて摂取する必要はありません。 ピットには他にもいくつかの危険があります。 犬が丸ごと食べようとすると、喉に詰まる可能性があります。 そして、桃の種を抜いたことがある人なら誰でも知っているように、種の表面はざらざらした鋸歯状になっており、それが摩耗して小腸を刺激する可能性があります。

最後に、自分で桃の木を育てたり、ファーマーズマーケットや果樹園で桃を摘んだりする場合は、茎や葉にもシアン化物が含まれていることに注意してください。

コメントする