リーハイ バレー ケネル クラブ主催ストーリー テリング コンテスト

1月、リーハイバレーケネルクラブは、「私の犬が何をしたのか信じられないでしょう!」をテーマに、初の年次ストーリーテリングコンテストを開催しました。 このコンテストへの参加者は、自分たちの「語るべき物語」を披露するためにリーハイバレー周辺から集まりました。 審査委員会は出場者のストーリーを読み上げ、内容に基づいて準決勝進出者を決定します。 その後、これらの準決勝進出者は、審査員、クラブ会員、招待客からなる観客を前に「自分たちの物語を語り」、最終順位を決定しました。

グランドチャンピオンは、ノースウェスタン・リーハイ中学校の8年生、マギー・マウロが受賞しました。 カッツタウン中学校の 8 年生、ゾーイ・ワイドマンが中学校の部で 2 位を獲得しました。 中学生部門の他の優勝者は、ノースウェスタン リーハイ出身の 8 年生で、3 位のブランドン スメルツ選手でした。

高校生の部では、ノースウェスタン・リーハイSDの9年生、クリストファー・ヒッペンスチールが優勝した。 ベツレヘム地域学区からは準優勝者のジョシュ・クリスチャンセンさん(12年生)が選ばれました。 3 位の優勝者は 11 年生の Juliana Maffea さん、佳作は 11 年生の Thomas J. Schaeffer さんでした。

受賞者たちは、2月5日に開催されたリーハイバレーケネルクラブの犬学習体験イベントで自分たちの物語を共有しました。

コメントする