「トイレ事故」で酸で火傷した子犬の足としっぽを切断

デトロイトで子犬が酸を浴びせられ、切断手術を受けるほどの重傷を負って九死に一生を得た。

7月30日、アミラという生後12週間の子犬が、酸による化学火傷を負いながらミシガン州反虐待協会に引き渡された。 同協会の医師は、自身も勤務するウッドヘブン動物病院とルクレティア・グリーア医師に助けを求めた。 彼女は幹細胞療法に関して 20 年以上の経験があり、アミラを助けることに何の躊躇もありませんでした。

グリーアは語った。 ニューズウィーク アミラはクレートの中でトイレの事故を起こして火傷を負ったという。

グリーア氏は、医師らは治療前にアミラを安定させる必要があったため、すぐには手術を開始できなかったと述べた。 これには、死んだ組織を除去するために 40 ~ 50 回の浴が含まれます。 アミラの状態は悲惨だった。

「彼女をお風呂に入れるたびに、化学物質の臭いがすることがありました」とグリーアさんは言いました。 「治療計画を開始する前に、最悪の状況を確認する必要がありました。」

このプロセスには数週間かかりました。 アミラさんは耳と鼻の前の一部を失いました。 彼女のつま先は落ちかけていました。 病院は彼女の尻尾が腐りかけていたため、最終的に切断することになった。

先週の火曜日、医師らは彼女の足も切断することを決定した。 酸は彼女の筋肉、組織、骨を侵食しました。 感染がひどくなり、切断せざるを得なくなった。

治療計画

アミラを助けることにためらいはなく、特別な皮膚移植プロセスを通じて彼女を治療するためにあらゆる手を尽くしました。 グリーアは獣医バイオテクノロジー企業ヒルトップ・バイオと提携し、クリニックとしては初となる馬胎盤由来の羊膜皮膚を動物病院に提供した。

グリーアさんは8月の手術中に、アミラさんのきれいになった皮膚に羊膜製品を使用した。 これは、高圧室治療と組み合わせて、アミラが新しい皮膚と組織を生成し、治癒するのを助けるための行動計画でした。

グリーア氏によると、アミラさんはその後髪を伸ばすことができたが、まだ治癒過程にあるという。 アミラの気分が良くなればなるほど、彼女はさらに信頼するようになりました。 彼女が経験した恐ろしい経験を考えると、彼女はとても幸せな子犬です。

「今から1か月後、数か月後には、何事もなかったかのように見えるだろう」とグリーア氏は語った。 「彼女の物語は単なる物語に過ぎないでしょう。」

グリーア氏は、この膜治療が医療分野にとって正しい方向への一歩となることを期待していると付け加えた。 アミラの話は恐ろしいものですが、希望の光は彼女の命が救われ、この治療法がいつか他の動物や人間の患者を助けるために使えるようになるかもしれないということです。

動物資源基金財団の理事長であるパトリシア・オデット博士は、アミラの件を聞くとすぐに介入してくれました。 財団はアミラさんの手術費用を支払っており、今後も支払い続けるだろう。 オデットはその費用が 15,000 ドルだと見積もっていました。

「他にも犬に火傷を負わせたことがありますが、アミラほどではありませんでした」とオデットさんは本誌に語った。 「彼らは火災に巻き込まれた消防犬でした。意図的な火傷を見たことがありません。」

アミラさんのヘルパーたちが彼女を養子に迎えようと考え始めるまでには、まだ道はある。 チームは毎日彼女の事件を取り上げている。 彼女は縫合しており、現在も高圧室での治療を受けています。

幸いなことに、スタッフはアミラを病院から別の里親に引き渡しました。 彼女は外を走り、草の上を転がり、普通の犬になりつつあります。 彼女にはあと 1 回か 2 回の手術が残っていることを願っています。

コメントする