猫の保護に捨てられた15歳の犬に涙:「最も優れた女の子」

オハイオ州の猫保護施設で捨てられた老犬の世話をするために、自称猫派の男性はためらうことなく名乗り出た。

Tabby Tails Cat Rescue は、飼いたくない猫や世話ができなくなった猫を人々が引き取ることに慣れていますが、その中には初めて犬も含まれていました。

保護団体のオーナーであるケイ・バンクスさんは、2023年3月、廃校となった猫保護施設の周りをラブラドール犬が巡回しているのを目撃した。オハイオ州の田舎では多くの人が犬を放し飼いにしていたため、彼らはすぐに近所の犬だと思った。 しかし、バンクスさんは再び寒い中外で犬を見かけたので、外に出て確認しました。

犬はよろめき、鼻の周りには白髪が生えていたので、バンクスさんは彼女を家の中に連れて行こうと思った。

15歳とみられる犬のハニーにはマイクロチップが埋め込まれていた。 しかしバンクス氏がオーナーたちに連絡を取ったところ、彼らはハニーを迎えに来なかった。 代わりに、バンクスはそれ以来ずっとハニーの世話をしています。

バンクスさんは、ハニーは高齢犬であり、高齢者は引き取りが難しいことが多いため、保護施設がハニーを安楽死させてしまうのではないかと心配していた。 また、引き取り手を探すのは手間がかかることもわかり、ハニーはバンクス、保護された200匹の猫、そして彼らが飼っていた3匹の犬とともに家族の一員となった。

「健康上の問題を抱えたシニア犬を迎えることは、私の計画にはまったく含まれていなかった」と彼らは10月29日のTikTokビデオで語った。

銀行はこう語った ニューズウィーク シニア犬を飼うことは彼らの要素から少し外れていましたが、学習経験になりました。

アメリカンケネルクラブによると、ハニーは関節炎を患っており、5匹に1匹の犬が経験する病気だという。 関節炎により日常の動作に痛みが生じ、脚、腰、背中などに影響を及ぼす可能性があります。 ハニーはバンクスに階段を運ばれなければなりません。

幸いなことに、レーザー治療はかなりの効果をもたらしたとバンクス氏は語った。 ハニーは以前は痛みのせいでいつも喘いでいましたが、今ではまったく喘ぎません。

ハニーはほとんど耳が聞こえません。 彼女は生い茂った爪、汚れ、体中にノミやダニがいたるところに、あまり良い状態とは言えない状態で保護区にやって来ました。 獣医はバンクスさんに、彼女の年齢を考えると、ハニーちゃんの歯の治療も賢明ではないと考えていると伝えました。

それ以外の場合、ハニーは新しい環境に簡単に適応し、まるでずっとそこにいたかのように振る舞っていました。 彼女も完全に人生を生きています。

バンクス氏は、ハニーがしているのは食べて寝ることだけだと語った。 彼女は「最高の女の子」です。

コメントの内容

バンクスが甘いハニーを救ったこの感動的なストーリーに、視聴者は真っ逆さまに感動しました。

「私は飼い主の行動には同意しませんが、あなたがいてくれたことには感謝しています。彼女はすべての愛に値するとても優しい女の子です!」 あるTikTokユーザーはこう書いた。

別の視聴者は、「悲しいことに、ハニーは決して彼らを見捨てなかったでしょう」と付け加えた。

@kelseyvanhalenは、「うーん、14年間家族を持っていたのに、ある日、あなたをどこかに捨てられると想像してみてください??とても悲痛です。彼らは彼女に値しませんでした!!天使でいてくれてありがとう。」とコメントした。

ありがたいことに、ハニーはバンクスや他の毛皮の乗組員と一緒に黄金期を過ごすことができました。

コメントする