821日間待った保護犬、懇願する顔:「チャンスが必要だ」

ニュージャージー州の保護施設で暮らすこの犬にとって、糖尿病のせいで引き取り手が思いとどまっているようで、長引く日々が続いている。

6歳のアメリカン・スタッフォードシャー・テリアのエースは、飼い主が引っ越したため、関連人道的なポップコーン・パーク・シェルターに引き渡された。 そして今、彼はそこで 800 日以上暮らし、将来の家族を待っています。

以前の飼い主は糖尿病を治療しませんでしたが、インスリンを投与して以来、エースは元気にしています。 彼には、誰かがシェルターの外で美しい生活を与えてくれる「チャンスが必要なだけ」だ。

保護施設からのフェイスブックへの投稿には、「こんなことを言うのが信じられないが、エースはもう27ヶ月も私たちと一緒にいる。

「これは本当にばかげた話で、エースのことを思うと胸が張り裂けそうです。彼は過去に養子にされて戻ってきたわけでもありません。彼は決して養子にされたことさえありません!」

投稿は続けて、「彼は現在6歳で、家族が引っ越しするために引き取られたのです。以前の家では糖尿病の治療を受けていなかったので、インスリンを投与して以来、元気にしています!」と述べた。

保護施設は、糖尿病の犬を引き取ることには多額の責任が伴うため、人々がどのように躊躇するかを理解しています。 月額約 20 ドルの費用がかかると推定されています。 しかし、特にエースがインスリンをうまく服用しているため、「管理は非常に簡単」とも述べている。

犬の糖尿病は、インスリン欠乏症とインスリン抵抗性の 2 つの異なる形態で発生します。 インスリン欠乏症は、犬の糖尿病の中で最も一般的なタイプです。 アメリカンケネルクラブ(AKC)によると、これは体内で十分なインスリンが生成されない場合に起こります。

インスリン抵抗性は、膵臓がインスリンを生成するものの、犬の体がインスリンを適切に使用しない場合に発生します。 このタイプの糖尿病は、高齢の肥満犬によく見られます。

AKCによると、犬の糖尿病の初期兆候としては、過度の喉の渇き、排尿量の増加、食欲の増加、体重減少などが挙げられるという。

糖尿病を治療せずに放置すると、白内障、肝臓肥大、尿路感染症、発作、腎不全、またはケトアシドーシスを引き起こし、生命を脅かす可能性があります。

エースの費用に関しては、保護施設は里親になった場合、彼のインスリン費用を無期限に提供すると述べた。

避難所番号

米国動物虐待防止協会によると、毎年630万匹のペットが米国の保護施設に引き渡されており、その量は1日平均1万7,260匹に上る。

毎年約92万頭の引き渡された動物が安楽死させられています。 シェルターは養子縁組キャンペーン、避妊・去勢手術プログラム、行動リハビリテーションを推進することで、安楽死率を最小限に抑えるよう努めている。

エースは、糖尿病を患っているだけでなく、アメリカン・スタッフォードシャー・テリアが保護施設で最も一般的に見られる犬種の一つであるため、引き取られるのが難しい課題に直面していると動物保護サイトが報じた。 これらの犬は、ピットブルと同様、攻撃的であるという「間違った」評判を持っています。

コメントする