5匹のゴールデンレトリバーと過ごす映画の夜はこんな感じ:「天国」

5匹のゴールデンレトリバーが飼い主と一緒に自宅で映画の夜を楽しむ動画がTikTokで話題になった。

10月のクリップは、ホッパー、ズズ、ドッティ、フレイ、シャーマンという名前の5匹のゴールデンレトリバーのTikTokアカウント、ウォーターフロントゴールデンズ(@goldenretrieverdad)から共有された。 この投稿には「こうやってゴールデンレトリバー5匹と映画の夜を過ごすんだ」というキャプションが添えられている。

このビデオには、5つの犬用ベッドのように見えるものがカーペット敷きの階段の下に放り投げられている様子が映っています。 その後、ベッドはリビングルームに広げられ、それぞれに異なるおもちゃが置かれます。 その後の映像には、5頭のゴールデンレトリバーがテレビの前のベッドに大の字になっている様子が映っている。 1人はテレビ画面に釘付けになっているように見えるが、他の人はベッドに倒れ込んで他のところを見ているのが見える。

@ゴールデンレトリーバーお父さん

これが、5匹のゴールデンレトリバーとの映画ナイトのやり方です☺️🍿 🎥 #映画ナイト #犬 #ゴールデン #ゴールデンレトリバー #寄り添う #テレビ #映画 #dogdad #dogmom #slumberparty

♬ 20世紀フォックスのファンファーレ – オタク音楽

2023~2024年の米国ペット製品協会(APPA)全国ペット所有者調査によると、米国の世帯の3分の2、つまり66パーセントがペットを飼っており、その中には6,510万人が犬を飼っているという。

最新のクリップでゴールデンレトリバーが家族の映画鑑賞会に参加しているという事実は驚くべきことではありません。 ピュー・リサーチ・センターが2023年4月に実施した調査によると、米国のペット飼い主のほぼ全員(97%)がペットは家族の一部だと答えている。 ペットの飼い主の半数強(51%)が、自分のペットを「人間と同じように家族の一員」だと考えていることが調査で判明した。

APPAによると、アメリカ人は2022年にペットに総額1,368億ドルを費やしたと報告されている。 APPAの調査によると、最も散財したのはペットフードやおやつ(581億ドル)で、359億ドルが獣医療や製品販売に使われた。

一部のTikTokユーザーはバイラル投稿のシーンに喜び、サリーナ・セイヤーさんは「実際に映画を見ているのは犬だ」と投稿した。

ユーザー @linxihan46 は、「最初の子犬はとても楽しんでいました」と書いています。

ユーザー yeagermeister89 は、「1 日 12 時間掃除機をかけた後にリラックスするには良い方法です。」とコメントしました。 元の投稿者は「正確です」と答えました。

アダム・マーティンは「なんてことだ、私を養子にしてくれ。ゴールデンレトリバーの天国にいるだろう」と投稿し、カミは「いや、でもここが私の本当の天国だよ」と付け加えた。

ニーネキンス・キンスは「ああ、本当にこれが大好きだ!!!!!」と書いている。 一方、@camrynondras は「かわいすぎて泣ける」とコメントした。

ニューズウィーク はTikTokを通じて元の投稿者にコメントを求めました。 このビデオは独自に検証されていません。

コメントする