犬のクリスマスツリーの難問に笑い:「処理しようとしている」

なぜ家に棒を持ち込むことが許されないのか困惑している様子の犬の動画がTikTokで話題になった。

このクリップは、オリーという名前の犬のTikTokアカウントである@iam.good.boy.ollieによって投稿されました。 このビデオは2日前に初めて共有されて以来、940万回以上再生されている。

動画には、室内でクリスマスツリーの飾りを調整する女性の姿が映っている。 犬が屋外に座り、木の棒のようなものを口にくわえて木を見つめているのが写っている。

クリップにはメッセージが重ねて表示されている。「なぜ私は木の中に棒を持ち込むことが許されないのに、人間は木一本丸ごと持ち込むことができるのか理解しようとしている」。

この投稿に共有されたキャプションには「意味がない」と書かれている。

@iam.good.boy.ollie

意味がありません🎄

♬ nhạc nền – グッドボーイ・オリー

クリスマスツリーのある家におけるペットの安全性

家にクリスマスツリーがある人は、ペットから目を離さないようにする必要があります。

常緑樹は防腐剤、殺虫剤、肥料、またはアスピリンなどの他の薬剤で処理されていることが多いため、クリスマスツリーの水はペットにとって危険な場合があります。 アメリカ獣医師会(AVMA)は、「クリスマスツリーの水添加物はペットにとって危険である可能性がある。家の中にペットを飼っている場合は、クリスマスツリーの水にアスピリンや砂糖などを加えないでください。」と述べています。

国立首都中毒センター(NCPC)は、「通常、子供、猫、犬が摂取する量の(樹木水)は有毒ではない。胃の不調や嘔吐さえあるかもしれないが、深刻な問題は予想されない」と述べている。

しかし、一部の自家製保存料には「漂白剤と酢またはレモン汁の両方が含まれており、この組み合わせにより塩素と呼ばれる有毒ガスが発生する可能性がある」とNCPCは付け加えた。

米国動物虐待防止協会(ASPCA)は、「木の停滞した水は細菌の温床」であり、ペットがその水を飲むと吐き気や下痢を引き起こす可能性があると述べています。

休暇中に家の周りで見つかるいくつかのお祝いの植物も危険である可能性があります。

AVMAは、「アマリリス、ヤドリギ、バルサム、松、杉、ヒイラギなどは、ペットが食べようとすると危険であり、さらには有毒となる可能性がある一般的な休日の植物である。ポインセチアも同様に厄介な植物である可能性がある。」と述べた。

犬や猫にとって有毒な植物の完全なリストは、ASPCA の Web サイトでご覧ください。

「彼がただ見つめている様子」

数人のTikTokユーザーは、バイラルクリップ内の犬の反応を面白がっていた。 ユーザーの@kenleyspamaccountは、「彼の反応は陽気だ。ただ見つめているだけだ」と書いた。

コルビー・オーゼンバーガー氏は、「彼はすべてを処理しようとしている」と述べた。

ジェフは「つまり、本当に不公平だ!!!!」と投稿した。

ユーザー @pmegs23 は「良い質問です!」とコメントしました。 ロバート・マクロードもこれに同意し、「確かに彼の言い分は正しい」と書いた。

ユーザー @scorpyo2011 は「彼は正しい!」と投稿しました。 そしてBatman99は「私も子犬の意見に同意します」と書いた。

ニューズウィーク はTikTokを通じて元の投稿者にコメントを求めました。 このビデオは独自に検証されていません。

コメントする