トリマーでのおばあちゃんのミスがネットで話題に:「この犬は誰?」

犬の飼い主がグルーミングの失敗談をシェアし、ソーシャルメディア上で急速に拡散し、ネット上に大騒ぎになった。

9月に@vpotvinというユーザー名でTikTokで共有されたこの陽気な動画では、シャーロットと呼ばれるイングリッシュ・スプリンガー・スパニエルがトリマーから帰宅する様子が映されている。 しかし、おばあちゃんが誤ってスパニエルの完璧なカールを切ってしまったため、飼い主たちはがっかりしました。

この投稿には、「おばあちゃんがあなたをトリマーに連れて行ったときに、耳を切らないように言うのを忘れたとき。完璧なカールを取り除きましょう。」というキャプションが付いています。 続いて「この犬は誰ですか?」

@vpotvin

この犬は誰ですか? 🥲💔 #fyp #foryoupage #dogsoftiktok #sprignerspaniel #englishspringerspaniel #groomer #dogsofttiktok #wtf #doglife #doggrooming #rip #spanielsoftiktok

♬ オリジンジェルイド – Tik Toker

People’s Dispensary for Sick Animals (PDSA) の Web サイトでは、ペットのグルーミングはペットの健康と幸福のために不可欠であるだけでなく、ペットとの絆を深める素晴らしい方法でもあると述べています。

動物慈善団体のウェブサイトでは、毛の長さや種類によっては専門的なグルーミングが必要なペットもいるが、自宅でトリミングできるペットや、専門的なセッションの合間にホームグルーミングが必要なペットもいると付け加えている。

「どのツールを使用すればよいのか、どのくらいの頻度でペットのグルーミングを行うのかを知るのは混乱するかもしれません。そこで、私たちはあなたのためにいくつかのヒントをまとめました。あなたのペットに特有のアドバイスについては、必ず獣医師または信頼できるプロのトリマーに相談してください。」 PDSAのウェブサイトにはこう書かれています。

犬のグルーミングをどのくらいの頻度で行うべきかは、犬種や毛の長さによって異なります。 ビアデッドコリーやラサアプソなどの長毛種は、被毛を健康に保つために毎日のブラッシングが必要です。 これらの長毛種の中には、年に約 4 ~ 6 回、被毛のトリミングやアンダーコートの除去が必要なものもあります。

スパニエルやジャーマンシェパードなどの中毛種は、死んだ毛を取り除くために週に数回ブラッシングする必要があります。 犬種によっては、年に数回、被毛をトリミングしたり、毛を剥いだりする必要がある場合もあります。

ラブラドールやイングリッシュ・ブル・テリアなどの短毛種は、ブラッシングが必要なのは週に1回だけで、通常は定期的なヘアカットは必要ありません。

このビデオはすぐにソーシャルメディアで拡散し、TikTok全体から視聴者を獲得しました。 このプラットフォームではこれまでに48万6,000回以上の視聴と1万3,000件以上の「いいね!」を獲得している。

ユーザーの一人、ジェシーさんは、「トリマーとして、耳がつや消しになっていない限り、耳を剃るはずがない。すぐにまた生えてくるから心配しないでね。」とコメントした。 そして、user8087188710783は、「飼い主としてなぜそんなことを言わなければならないのですか?トリマーとして、その犬種にはそのような耳があることを知っておくべきです。」と投稿しました。

Andrea_ruefenacht さんは次のように書いています。「私はそっちのほうが好きです。うちのウェールシュ・スプリンガー・スパニエルはあんな感じでした。」 そしてキャシー・ケリーは、「ああ、とても動揺するだろう。耳が生えてくるにはとても長い時間がかかる」とコメントした。 ユーザー phoebemillar3 は、「母はトリマーに、犬の耳を整えるように言いました。決して同じではありません。」と付け加えました。

ニューズウィーク TikTokコメントを通じて@vpotvinにコメントを求めました。 事件の詳細については確認できませんでした。

コメントする