ハマス、「信じられない」瞬間に飼い犬と人質の十代を解放

ハマスは火曜日、17歳の少女と飼い犬を含む5人目のイスラエル人人質グループを解放した。

イスラエル政府は先週、10月7日のイスラエル攻撃で約240人の人質を捕らえたハマスによる拉致人質の解放を確保するため、米国、カタール、エジプトが仲介した停戦協定を承認した。協定では少なくとも50人が拘束された。人質は、46日間監禁されている女性と子供全員であり、イスラエルの拘置所に拘束されている約150人のパレスチナ人女性と十代の若者と交換される予定である。 この合意によりガザ地区では4日間の一時停戦も行われたが、最近さらに2日間延長された。

ハマスは先月、パレスチナ人による史上最悪のイスラエル攻撃を主導した。 これに応じたイスラエルはその後、ガザに対して最も大規模な空爆を開始した。 AP通信はイスラエル政府の話として、火曜日の時点でイスラエルでは少なくとも1,200人が殺害され、ガザ保健省によるとガザでは13,300人以上のパレスチナ人が殺害されたと報じた。

火曜日、最初の攻撃中に母親のガブリエラと飼い犬のベラとともに拉致された17歳のミア・ラインバーグが、イスラエル人人質の第5グループの一員としてハマスによって解放された。

ライムバーグさんの釈放後、釈放される際に飼い犬を抱いているライムバーグさんの写真がソーシャルメディア上に広まった。 ユーザーのポール・シャピロさんは、以前はツイッターだったXで自身の考えを共有し、「人質のミア・ライムバーグさん(17)が、一緒に誘拐されてから52日後に愛犬のベラと一緒に解放される画像を見るのは信じられない。二人は何という絆を共有しているに違いない」と語った。

自閉症やその他の特別な支援が必要な子供たちを支援するセンターの所長であるガブリエラ・ライムバーグ氏も、火曜日の交換の一環として釈放された。

タイムズ・オブ・イスラエル紙によると、母娘はガザ国境からほど近いキブツ・ニル・イツハクに家族を訪ねていたところ、親族3人とともにハマスに拘束された。

同紙によると、家族はハマス武装勢力に発見される前に、椅子を使ってドアを閉め、親戚宅の密閉された部屋に隠れようとしたという。

人質解放は、イスラエルとハマスが、ガザ地区で拘束されているさらなる人質解放を含む合意の一環として、停戦をさらに2日間延長することで合意した翌日に行われたとホワイトハウス高官が認めた。

国家安全保障会議のジョン・カービー報道官は記者団に対し、イスラエルでの停戦は木曜朝まで延長され、ハマスによる追加の人質20人の解放も含まれると述べた。

この画期的な取引が発表されて以来、他のいくつかの人質グループが解放された。 金曜日、イスラエル人人質13人、タイ人10人、フィリピン人1人からなるグループが解放された。 土曜日、ハマスは別の人質グループを解放した。

イスラエル国防軍(IDF)が明らかにした。 ニューズウィーク 土曜日の夜、人質17人(イスラエル人13人、タイ人4人)がイスラエルに移送され、観察のため病院に運ばれ、愛する人たちと再会する予定だった。

日曜日、4歳の少女アビゲイル・イーダンは解放されたアメリカ人人質2人のうちの1人だった。

IDFはこう語った ニューズウィーク 人道団体から得た情報によると、日曜日、イスラエル人人質14名と外国人人質3名が赤十字社に移送されたと発表した。

IDFスポークスマンのダニエル・ハガリ少将は、釈放後の日曜日の記者会見でイーダンを「英雄」と呼び、少女は「ハマスとの戦争が独自に正当化されるという生きた例だ」と付け加えた。

「これは邪悪で残忍な敵との戦争であり、アビゲイルのように、帰還した人質の一人一人には、殺されたか、今も人質に取られている家族や近親者がいる」とハガリ氏は語った。

コメントする