亡くなったシニア犬の仕事を子犬が引き継ぐ:「これからが彼女の仕事」

最近亡くなったシニア犬から受け継がれた伝統を引き継いだ、愛らしい子犬がTikTokで話題になった。

拡散された動画には、6歳のキャンパー君が前庭から新聞を取りに行く様子が映っており、これは16歳のボーダーコリーのマギー君が子犬の頃からしていた行為だ。

「カンペールは、それが今の自分の仕事だとわかっています」とオーナーのブリタニー・ギルーさん(33)は語った。 ニューズウィーク

この悲痛な動画は、11月11日に共有されて以来、これまでに140万回再生され、36万3,000件以上の「いいね!」を獲得している。

2週間前、マギーが脳卒中で亡くなり、キャンパーを含む家族全員がショックを受けました。

ロサンゼルス出身のギルーさんは、「マギーが最近実家にいないことに気づいたとき、マギーは泣いて抱っこをしたがった。悲しい日だった」と語った。 「マギーなしではやりたくない活動がいくつかありますが、それでも新聞を手に入れることが彼女の一番好きなことです。

「彼女の中にマギーの思いがたくさん詰まっているのは、彼女が子犬のころからマギーをよく見ていたからです。今回、わざわざ新聞を持ってきたことを誇りに思っていたと思います。最終的には、カンパーが訓練できるように、もう一頭子犬を迎える必要があるでしょう」そしてマギーの遺産を引き継いでください」と彼女は言いました。

ギユーとその愛犬キャンパーがビーチで微笑んでいるのが見える。 オーナーは、マギーの死はキャンパーにとって辛いものだったと説明した。
ブリタニー・ギロウ/ブリタニー・ギロウ

テレビや映画で顧客と仕事をしているギユー氏は、この二人を「デュオ」と表現した。

幼い頃、キャンパーは保護者のマギーが飼い主のために朝刊を取りに行くのをよく見ていました。 その後、彼女はご褒美としてご褒美をもらいました。

「キャンパーがやって来たとき、彼女はマギーが新聞を手に取り、それからおやつをもらうのを見て、自分もやりたいと決心したのです」とギユーさんは語った。

「最初に紙を集め始めたとき、マギーは紙を階段の上まで持って行き、キャンパーは彼女から紙をひったくって中へ走って、彼女にもおやつがもらえるようにしていました。

「とてもかわいかったです!でも、マギーが成長するにつれて、腰のせいで階段を降りることができなくなったので、二人の役割は逆転しました。カンペールは紙をつかんで、階段の上でマギーと相打ちになりました。」

この涙を誘うこのビデオには、TikTok で 960 件を超えるコメントが集まりました。

あるコメントは、マギーの精神がキャンパーを通して生き続けていることを示唆していました。 「あの新聞を運んでいたのは彼女だけではなかった」とTikTokerは書いている。

「彼女には大きな足があり、順調に育っています」とコメント者は述べた。

別のコメントでは、「彼女は、私はこれのためにずっとトレーニングしてきた、その時が来たようだ」と述べた。

TikTokユーザーにとっては珍しいことではなく、涙を流してしまう人もいる。

コメント投稿者は、この感動的なクリップについて、「なんてことだ……私ができるのは、このアプリからの純粋な喜びの叫びだけだ」と述べた。

コメントする