保護犬、飼い主が「もう要らない」 怖がってどこにでも連れて行かれる

野良の子犬が保護施設での生活に適応しようと奮闘している。

中国は11月17日にテキサス州のリンダ・マクナット動物保護・養子縁組センターに到着したが、それ以来、困難な時期に耐えている。

中国は避難所を怖がっており、避難所の職員に運ばれてあちこちに運ばれなければならない。 その不安の一部は、養子縁組と拒否という中国の悲しい歴史に起因している可能性がある。

保護施設で動物サービスマネージャーとして働くシェリー・ミークスさんはこう語った。 ニューズウィーク:「彼女は以前に避妊手術とマイクロチップを埋め込まれており、ダラス動物サービスから引き取られていました。前の引き取り者に連絡があり、彼女はもう中国を望まないと言いました。」

しかし、厳しい現実として、保護施設の環境はすべての犬に適しているわけではありません。 ジャーナルに掲載された 2015 年の研究 応用動物行動科学 彼らは、動物保護施設での生活と猫と犬の生理的および心理的苦痛の増加との間に関連性があることを特定しました。

研究の一環として評価されたペットの間で病気の蔓延と問題行動が増加したことも報告した。

ミークスさんは、多くの動物が保護施設で苦労するという事実を理解しています。

「私は人々に、これはエイリアンに誘拐されるようなものだと言います。私たちは彼らを引き取り、ワクチン接種をし、マイクロチップを埋め込み、避妊・去勢手術をし、その後、他の人だけがいる部屋の犬小屋に入れます」 」

しかし、当初の評価に基づいて、ミークス氏は、中国の苦悩には当初考えられていた以上のものがあるのではないかと疑っている。

「私たちは、彼女もほぼ聴覚障害者であると考えており、それが彼女のストレスを増大させる可能性があります」と彼女は語った。 「彼女はいくつかのことを聞くことができますが、明らかによく聞こえていないようです。」

悲しいことに、ミークス氏とスタッフの最善の努力にもかかわらず、短期的に状況を改善するためにできることはあまりないと彼女は考えています。

「私たちのチームはストレスをできる限り軽減しようと懸命に取り組んでいますが、私たちのような素晴らしい避難所でもストレスレベルは高いです」と彼女は言う。

しかし、長期的には、解決策は明らかです。中国の採用が必要です。 しかし、彼女を引き受ける人は誰でも、彼女には独自のニーズがあることを理解する必要があります。

「中国は、彼女が自信を持てるように手助けし、リードや散歩は怖いものではないことを積極的に強化しながら優しく教えてくれる忍耐力のある人がいる、より穏やかな環境でうまくやっていくだろう」とミークス氏は語った。

「私たちはまた、聴覚障害のある犬の経験がある人、または聴覚障害のある犬の教え方を学びたいと考えている人を探しています。正直なところ、聴覚障害のある犬は聴導犬よりも人間に焦点を当てているため、教えるのが簡単であることがよくあります。」

したがって今のところ、中国は待つ必要があり、次に迎えに来てくれる人が彼女を永久に家に連れて帰ってくれることを期待しなければならない。

コメントする