認知症の犬を寝かせるための飼い主の悲痛なルーティン

ペットの飼い主は、認知症の犬の生活がどのようなものなのか、悲痛な様子を垣間見せてくれました。

犬の認知機能障害症候群は、犬の認知症または「サンダウナー症候群」としても知られ、高齢のペットによく見られる診断です。 で発表された 2001 年の研究 米国獣医師会雑誌 研究者らは、11歳から12歳の犬ではCCDSの有病率が約28%であることを特定しました。15歳から16歳の犬では68%に上昇しました。

場合によっては、症状がさらに早く現れることもあります。 に掲載された 2009 年の研究論文 小動物実践ジャーナル 9歳以上の犬の22.6パーセントが何らかの認知障害を示していることが判明したと述べた。

悲しいことに、CCDSを治療する方法はありませんが、家庭で調整することは可能です。 犬の食事を変えたり、脳の健康を高めるためのサプリメントを導入したりすることも効果があります。

フランク・ボンドは、特に就寝時間に関しては、愛犬ヒーローに対してすでにこれまで以上の努力をしています。 そのとき、ヒーローのサンダウナー症候群は最悪の状態になります。

この状態は、混乱、吠え、執拗になめる、徘徊などの行動の変化によって代表されます。 飼い主は、犬が方向感覚を失ったり、不安になったり、イライラしたり、全体的に落ち着きがないことに気づくことがよくあります。

ボンド氏は、ヒーローの変化に初めて気づいたのは数カ月前だと語った。 「彼は真夜中に何もないのにうなり声を上げたり吠えたりし始めました」と彼は語った。 ニューズウィーク。 「私が毛布を動かすと、彼は壁に向かって吠えていました。私たちが彼に近づきすぎると、彼は私たちを噛むでしょう、それで私たちは別の手配をしなければなりませんでした。

「私たちは彼を地下室の毛布と一緒に木箱に入れようとしましたが、彼は一晩中吠えるだけでした。そして、私たちは彼を木枠の中で私たちの隣に置こうとしました、そして彼はまた一晩中吠えました」とボンドは語った。

最終的に、ボンドと妻は現在のシステムに落ち着きました。 「私は夜、彼が眠りにつくまで一緒に座っています」とボンドは語った。 「私たちは夕食時に彼に半分のメラトニンを与えます。そして彼が眠っているとき、彼は元気です。私は彼の横のマットレスで眠ることができます。」

「しかし、私は彼の側を離れることができません。なぜなら、彼が目を覚まして私がいなくなったのを見ると、彼は再び吠え始め、怖がるようになるからです」と彼は続けました。 「階下のマットレスで彼と一緒に寝なければなりません。私は最初に彼を寝かせます。通常はソファの上の犬用ベッドで、彼が快適に感じるようにします。それから私は彼が熟睡するまで待って寝ます。妻は二階で寝ています。」他の犬たちと一緒に。」

ボンドは、ある夜、ヒーローが特に何も言わずにうなり声を上げている様子の映像を共有した。 これは悲痛な場面であり、多くのペットの飼い主にとってこの状態の現実を明らかにしています。

それは、彼が子犬の頃に知っていたヒーローとは程遠いものでもあります。 「妻と私が一緒にいたのは、犬を飼おうと決めた1年だけでした」とボンドさんは語った。 「ヒーローは、私たちと一緒にハイキングするのが大好きでした。たくさん散歩したり、ボールを追いかけたりするのが好きでしたが、もうそれはあまりできません。」

ボンドさんは、現在の状況が自分も妻も「とても悲しい」と感じており、特にヒーローが「虚ろな視線とうなり声」で自分たちを見つめているときはそうだと語った。

それにもかかわらず、ボンドは、ヒーローは特に日中はまだ良好な「生活の質」を保っていると主張する。 「今のところ、私たちは彼の睡眠習慣に慣れ始めています。大変ですが、それだけの価値はあります」と彼は言いました。 「現在、獣医師から特別な食事と薬を与えてもらっています。」

ヒーローは夕食時にメラトニンのサプリメントも摂取しており、よく食べ、時々散歩を楽しんでおり、身体的には健康を保っています。

「彼はとても怖がって防御的になることがあるので、私たちは彼の癖を学ばなければなりません」とボンドは語った。 「大変ですが、私たちは彼を愛しています。日中はとても元気で、とてもかわいいです。」

ボンドさんは、それが「悲しくて胸が張り裂けるような」出来事だと認めているが、ヒーローの物語が、彼のような犬でも幸せな人生を送れるということを他の人たちに示すことを望んでいる。 必要なのは少しの犠牲だけです。

「人々はいつも、彼を眠らせて、ひどい人生を送っていると思うと言いますが、彼はそうではありません。彼はいつも幸せです。」 ボンドは言った。 「私たちは彼を愛しています。彼を手放すことになるまではそうしますが、それは非常に難しいことです。」

コメントする