初便で介助犬を必要とする神経質なペットの心は和らぐ

犬は飼い主に愛情と精神的なサポートを与え、犬を撫でるだけでもストレスホルモンのコルチゾールが低下することが研究で示されていますが、犬同士はお互いに慰めを与えることもあります。

最近のTikTok投稿で、ミシェル・ジョンソンは、最近の飛行機に乗った自分の愛犬オティスと別の子犬との間の感動的な瞬間を共有した。

160万回以上再生されたこの動画では、介助犬でもあるオティス君が、機内ではるかに大きなプードルミックスの介助犬に寄り添う姿が見られる。

@ジョンソンミシェル

繰り返しますが、私たちは犬に値しません🤚🏽😭

♬ ホーム – スピードアップ + リバーブ – スピードアップ + リバーブ tazzy & スピードアップ ソング & Tazzy

@ジョンソンミシェル

「オティスは初めてのフライトでとても緊張していましたが、この介助犬が彼の世話をしてくれました」とキャプションには書かれている。

他のビデオでジョンソンは、オティスが保護犬であり、ビーグルとラブラドールのミックス犬である可能性があり、危うく彼女とは結ばれなかったと明かしている。

オティスを子犬として育てた後、ジョンソンさんは自分が「里親としては失敗者」になるだろうと判断した。 オティスは最近、1歳の誕生日を祝いました。

ジョンソンはコメントの中で、オティスが「離陸(気圧の変化)に緊張していて、その後飛行中ずっと眠っていた」と明かした。

介助犬を飼っている人たちと、いわゆる精神的サポート動物を飼っている人たちの間では、特に飛行に関して長年の議論があった。

2021年、米国運輸省(DOT)は介助動物の定義を狭め、犬以外のすべての種と、感情支援動物(ESA)、伴侶動物、慰め動物を除外した。

アメリカ障害者法 (ADA) によると、介助動物とは、身体障害、感覚障害、精神障害、知的障害、その他の「障害」をもつ個人の利益のために仕事や任務を遂行するように個別に訓練されている犬を意味します。精神障害者。」

同法はさらに、「感情的サポート動物は、仲間を提供し、孤独感を和らげ、時にはうつ病、不安症、特定の恐怖症を助けます」と付け加えています、「しかし、障害のある人々を支援する作業を行うための特別な訓練を受けていません。感情的サポート動物は、次のものに限定されません。」犬たち。」

この訓練の違いが議論を引き起こしている。航空会社は乗客が「精神的サポート」のために豚、馬、クジャクなどの動物を航空会社に持ち込むことを要求する事例を数多く共有しているからだ。

「障害のある人は、さまざまな理由で使役動物を使用したり、接したりする可能性がある」とADAは述べた。 「しかし、介助動物とみなされるのは、障害のある人のために特定の作業を行うための専門的な訓練を受けた犬だけです。これが、介助動物と、セラピー動物、慰安動物、慰安動物、動物などの他のすべての種類の使役動物との主な違いです」そして精神的サポート動物です。」

DOTは、新しい規制は乗務員と乗客の両方、そして高度に訓練された介助動物の安全を確保するのに役立つと考えており、各航空会社は介助動物の機内での移動方法について独自の要件を設定する権利を有している。

ある利用者は「不安のために自分の介助犬が必要だった介助犬」と語った。

別のユーザーは「航空会社次第だ。全員とその母親がペットを機内に持ち込むようになったため、ほとんどの航空会社はESAを許可しなくなった」と語った。

ニューズウィーク ジョンソン氏に電子メールでコメントを求めた。

コメントする