犬、246日間の避難生活を経て「残りの人生で幸せな場所」を見つける

「待っている人には良いことが訪れる」という言葉は、246日間保護施設で過ごした後、ついに永遠の家を見つけた一匹の犬にとって真実のようです。

スタッフォードシャー・テリアのクリスピー・クリームは、飼い主が世話できなくなったため、ロスト・ドッグス・ホームに引き渡されたが、スタッフは彼女がこんなに長くそこにいるとは予想していなかった。

避難所ボランティアのスザナ・タレフスキーさんはこう語った。 ニューズウィーク: 「私たちのシェルターには非常に多くの犬がいたため、クリスピーの養子縁組には私たちが望んでいたよりもはるかに時間がかかりました。

「しかし、私たちはクリスピーを決して諦めず、新しい家族との完璧な生活がすぐそこまで来ていることを知っていました。」

11月24日、オーストラリアのメルボルンに拠点を置くこの保護施設は、Facebookページでこの嬉しいニュースを共有し、1,100件の「いいね!」を獲得した。

タレフスキーは語った。 ニューズウィーク: 「彼女はとても美しい性質を持っています。彼女が今、残りの人生を幸せな場所で過ごしていることを知り、私たちはこの上なくうれしく思います。」

ソーシャルメディアの投稿では、クリスピーはオーストラリアのシドニーから移住してきたビーとジョンという夫婦に引き取られたと説明されている。

投稿の抜粋には、「ビーとジョンがクリスピー・クリームに初めて会ったとき、彼らは『初めて彼女を見た瞬間から魅了され』、彼女が自分たちの生活にぴったりとフィットするだろうと確信した」と書かれている。

人気の投稿にはビーさんの言葉も含まれており、「クリスピー・クリームは故郷がどこなのかもわからず、ホームシックになっていたに違いない。シドニーから引っ越したとき、私たちも同じように感じた。私たちはお互いを理解し、お互いを見つけたと思う」正確な時に。”

保護施設はこの投稿で、3人の幸せを表明し、3人が「これまでで最高の人生を送れるように」と願って締めくくった。

これまでのところ、この心温まる投稿はインターネットを盛り上げ、130件を超えるコメントが寄せられている。

あるユーザーは、「とてもうれしかったです!」と言いました。

別のユーザーは、「ああ、素晴らしい。私も彼女のことを長い間見てきた。でも、すでに犬を飼っているので、やめておこう。素晴らしい夫婦に引き取られて本当によかった」と語った。

別の人は「これで一週間が充実しました。おめでとうございます。」と言いました。

保護犬の中には、到着してから何年も経たないと幸運にも逃げられない人もいます。 ニューズウィーク 以前、合計1,824日間保護施設に収容され、今も自分の家族と呼べる犬を探している4匹の犬についての記事を掲載しました。

しかし、ノヴァのような犬は、非常に長い待ち時間の後に永遠の家を見つけたので、夢が実現するという生きた証拠です。

コメントする