見落とされた保護施設の犬が「空想の友達」と遊んで心を壊す

一人で遊ぶことに何の問題もないようだった保護施設の犬が、TikTokのユーザーを喜ばせた。

このクリップは11月26日、@metroeasthumanesocietyとして知られるイリノイ州の動物保護施設、メトロイーストヒューメインソサエティ(MEHS)によってTikTokで共有された。 映像の中では、2歳のフリト君が誰もいない庭を走り回りながら、口におもちゃをくわえてバタバタしている様子が映されている。

MEHS開発マネージャーのMady O’Reilly氏はこう語った。 ニューズウィーク フリトは10月20日にマディソン郡動物保護管理局に野良猫として拾われ、保護施設の保護下に置かれたという。

映像には「保護施設で今週末引き取られなかった唯一の犬であると伝えたときのフリト」というメッセージが重ねられており、犬の顎を撫でる手が映っている。 続くメッセージには、「フリトは空想の友達と遊んでいます。なぜなら、この遊び場を無駄にするつもりはないからです!」と書かれています。 犬が庭で一人で遊んでいるのが示されています。

オライリー氏はこう語った。 ニューズウィーク 12月1日には「フリトはその後、養護施設に預けられ、永遠の家を見つけるまでそこで過ごすことになる」と発表した。

動物保護施設にいる犬にとって最大のストレス要因の一つは社会的孤立である、と2019年3月の研究が指摘している。 ピアJ

研究によると、「人間との交流は保護犬のコルチゾール(ストレスを調節するホルモン)を減少させ、より長い時間交流することでより大きな効果が得られる可能性がある」ことが示されている。

米国動物虐待防止協会によると、毎年630万匹のペットが米国の保護施設に引き渡されており、これは1日平均1万7,260匹に相当するという。

24Petの「シェルターウォッチレポート」によると、2023年1月にペットシェルターに引き取られた犬と猫の数は4万6807匹に達し、2022年1月と比べて1744匹増加した。

毎年約92万頭の引き渡された動物が安楽死させられています。 シェルターは、養子縁組キャンペーン、避妊・去勢手術プログラム、行動リハビリテーションを推進することで、安楽死率を最小限に抑えるよう努めています。

永遠の家が必要な「元気な女の子」

オライリー氏は、「動物農場財団が救助現場で品種ラベルを削除したことに合わせて」保護施設ではペットに品種ラベルを使用していないため、「すべてのMEHS犬には『スーパームッツ』というラベルが貼られている」と述べた。

オライリー氏はさらに、「フリットは、私たちがMEHSでユニコーンと呼んでいるものです。ユニコーンは、ニーズを満たすために特定の家を必要とするか、保護施設の環境で苦労しているか、単に見過ごされているかのいずれかである、素晴らしい、養子縁組可能な犬です。これは間違いなく事実でした」と付け加えた。彼女と。”

フリトは、保護施設のユニコーン里親プログラムの支援を受けて、里親施設に預けられました。 開発マネージャーによると、これはベストフレンズ動物協会からの資金提供によって提供されたという。

「フリトはとても楽しくて社交的です。彼女はとても活発で幸せで、見知らぬ人に会ったことがありません。フリトは他の犬と格闘したり、ぬいぐるみで遊び回るのが大好きです。彼女は家族を永遠に笑わせ続ける元気な女の子です。 」とオライリー氏は付け加えた。

バイラルクリップに登場する犬は、TikTokの視聴者の心を溶かしました。 ユーザー @niprey は次のように投稿しました。「フリット、あなたの家族が来るよ、可愛い子よ!」

ペネロペとエリオットの母親は、「フリトー、あなたは家族を見つけて、毎日愛を知ることになるでしょう!」と書いている。

ユーザー iris は「フリト、ラブを送ります!」とコメントしました。

ユーザーのpatricadillonは、「毛皮の赤ちゃんを取り残さないように、誰かが彼女を捕まえる必要がある」と付け加えた。

LucaNachoLoveさんは「この可愛い子が家族を見つけられるように祈ります」と投稿した。

コメントする