シニア犬の眠りが「深すぎる」​​ため、飼い主が心臓発作を起こしそうになる

犬が眠りから目覚めないとき、飼い主の心拍数は急速に上がり、パニック状態になりました。

オレオという名前の11歳の長毛ダックスフントが、飼い主の隣のソファで寝ていました。 通常、犬は物音を聞いたり、ペットを飼ったりすると、すぐに目を覚まし、またすぐに眠りに落ちます。

でもオレオではない。 頭を何度かこすったり、体を震わせたり、名前を呼んだりしても、このシニア犬は起き上がることができず、犬の飼い主であれば当然のことながら、完全なパニックが始まりました。

キャプションには「その眠りは少し深すぎた」と書かれている。

オレオは完全にノックアウトされました。 彼を目覚めさせるものは何もなく、犬の飼い主なら誰でも心配するようなことはありませんでした。 しかし、オレオの目がパチパチと開いたとき、飼い主は安堵のため息をつきました。

オレオは時間をかけて姿勢を立て直し、その後ソファに頭を戻しました。

結局のところ、多くのTikTokユーザーが毛皮の赤ちゃんに対して同じパニックを経験していることがわかりました。 彼らは11月30日のTikTokビデオのコメントセクションで自分たちの経験を共有しました。

ある視聴者は「19歳の赤ん坊と私の家では日常的な出来事だ」とコメントした。

「真夜中に子どもたちのいびきや呼吸が聞こえなくなるとパニックに陥る。毎回心臓発作を起こしてしまう」と別の人も書いた。

ニューズウィーク はTikTokを通じてオレオの飼い主に追加のコメントを求めた。

寝すぎは悪いことですか?

犬の睡眠時間は平均して1日約12時間ですが、年齢を重ねるにつれて必要な睡眠時間はますます長くなります。 シニア犬の睡眠時間は1日20時間にも達します。

散歩などの毎日の活動は、シニア犬にとってより多くのエネルギーを必要とします。 さらに、認知力と身体能力が低下し始める可能性があり、そのため全体的に眠気が強くなります。 十分に休んだと感じるためには睡眠が必要ですが、すべての睡眠が質の高い睡眠であるわけではありません。

犬の飼い主は、シニア犬の睡眠習慣が問題の可能性を示す可能性があるため、注意する必要があります。 アメリカンケネルクラブは、より多くの睡眠が関節炎、うつ病、糖尿病、または甲状腺機能低下症の兆候である場合があると報告しました。甲状腺機能低下症とは、首の小さな腺が十分なホルモンを産生せず、疲労、体重増加、またはうつ病を引き起こす可能性がある場合です。

愛犬が夜起きていたり、あてもなく歩き回ったり、混乱した様子をしている場合は、認知変性障害の初期兆候である可能性があるため、獣医師の診察を受けることを検討してください。

また、犬が音や刺激で目を覚まさない、違う場所で寝る、座ったり立ったりしたまま寝る、なかなか眠りに就かない、痛みや不快感を感じている、などの症状がある場合にも注意してください。

コメントする