800日間保護された犬、一日中犬舎のドアのそばに座って家族を願う

永遠の家族と暮らすことを辛抱強く待っている犬は、終わりの見えないまま800日以上も希望を持ち続けています。

ムンクという名前のこの 3 歳のテリアのミックス犬は、2021 年 9 月からテキサス州のブルバーデ地域動物愛護協会に住んでいます。彼は野良犬として連れてこられたのですが、幸いにも怪我はありませんでした。 走り回っているムンクを誰かが発見し、避難所にムンクを入れるスペースがあるかどうかを確認した。

ムンクさんのマイクロチップも飼い主も見つからなかったため、保護施設はムンクさんを保護することを決定した。 しかし、2年以上経った今でもムンクは避難所の壁の中で暮らしている。

「彼を養子にする際に私たちが抱えている問題は、この家に彼が唯一の動物であれば、彼が最もよく育つだろうと私たちが感じていることです」とブルベルデの犬コーディネーター、ペニー・ラフラム氏は語った。 ニューズウィーク

従業員やボランティアはムンクがとても優しい犬だと思っていますが、ムンクが遊んでいるとき、時々興奮してエネルギーをコントロールできなくなることがあります。 他にペットがいないご家庭に最適です。 しかし、他にペットを飼うとしたら、小型犬や猫はだめです。

ラフラム氏によると、ほとんどの引き取り者はすでにペットを飼っているため、ムンクの引き取りの可能性は限られているという。 さらに、保護施設はムンクを理解してくれる経験豊富な犬の飼い主と一緒にいる必要があると考えている。

ムンクがまだ保護施設にいるもう一つの理由は、ムンクがピットブルに似ているため、養子縁組を人々が思いとどまることが多いということだ。

ラフラム氏によると、ムンクに関して連絡をくれた人は15人ほどおり、中にはオーストラリアからも来た人もいたという。 しかし、今のところ、適切と思われるのは 1 つだけです。

「私たちは彼がどこへ行くのか、戻ってくる必要がないことを確認したいのです」とラフラム氏は語った。 「彼がここに2年2か月住んでいるのですから、彼にとっても家族にとってもぴったりのものであってほしいと思っています。」

これまでずっと、シェルター生活の騒々しく不安な環境に閉じ込められていたにもかかわらず、ムンクは犬小屋のドアの近くに座って、シェルターの外での生活を体験するのを辛抱強く待っています。 彼は永遠の家族がそこにいることをとても望んでいます。

ノーキルシェルターということは、ムンクが養子になるまでそこにいることを意味する。 ラフラムさんは、過去に犬を飼っていて、最終的に引き取られるまで9、10年間そこで暮らしていたと語った。

ブルベルデ保護施設には合計 24 の犬舎があります。 ラフラム氏によると、その24軒のうち、半数は1年以上そこで暮らしている犬でいっぱいだという。

米国動物虐待防止協会によると、米国では毎年630万匹のペットが保護施設に引き渡されており、その量は1日平均1万7,260匹に上る。

毎年約92万頭の引き渡された動物が安楽死させられています。 シェルターは、養子縁組キャンペーン、避妊・去勢手術プログラム、行動リハビリテーションを推進することで、安楽死率を最小限に抑えるよう努めています。

コメントする