再び引き取られなかった保護犬の顔に心が折れる

ニューヨークの保護施設が、まだ永遠の家を見つけていない3歳のピットブル、ロッキーの話を共有した後、インターネット上で心を痛めている。

11月にグレーター・ロチェスターの人道団体「ロリーポップ・ファーム」のユーザー名でフェイスブックにシェアされた投稿には、犬小屋に座って、自分以外のすべての子犬たちが養子にされるのを眺めながら、惨めな表情でうつむいているロッキーの写真が掲載されている。

この悲痛な写真には、「この3歳のハンサムな男の子は、家を見つける希望を失っています。新しい家族が彼を見つけられるように、彼のことを広めるために私たちのコミュニティの支援が本当に必要です。」と説明するキャプションが付いています。

「ロッキーが初めてロリポップ・ファームに来たのは2022年10月で、そのとき彼の前の家族は悲しいことに家から追い出され、彼を飼うことができずモーテルに住んでいたのです」とグレーター・ロチェスターの人道協会、ロリポップ・ファームのコミュニケーション専門家リンジー・ブリュワー氏は語った。 「彼は二度養子縁組され、その後数回の養子縁組外泊(2週間の試用期間)を挟んで戻ってきました。

「彼はつい最近、今年の9月に返還されましたが、それ以来、運が良くありませんでした。彼は素晴らしい犬ですが、見つけるのがより難しいかもしれない特定のタイプの家で育つでしょう。ロッキーは、家の唯一のペットとして最適です」 「保護施設で見た行動と、彼の養子縁組や外泊を通じて得た情報によるものです。また、彼の遊び方が子供には多すぎる可能性があるため、私たちは彼に大人のいる家に行くことを勧めています。」

この写真は、保護施設の行動スタッフの一人が犬の養子縁組廊下を歩いていて、うなだれた姿勢で座っているロッキーを偶然見かけたときに撮影されたもので、誰もが心を痛めました。

「その時、私たちはこの投稿を投稿し、この男に当然の養子縁組の権利を本当に獲得しなければならないと悟りました。私たちはこの投稿がどれほど拡散したかにショックを受けており、コミュニティの支援に圧倒されています! ロッキーがすぐに家族を見つけることは分かっています。 ” 彼女は付け加えた。

Rescue Dog Home によると、ピットブルは他のどの犬種よりも多く保護施設に収容され、安楽死される数も最も多いそうです。

同氏のウェブサイトによると、保護施設にいるピットブルの600頭中1頭が永遠の住処を見つけるという。 保護施設に到着する犬の約 33% はピットブルです

米国動物虐待防止協会によると、毎年630万匹のペットが米国の保護施設に引き渡されており、これは1日平均1万7,260匹に相当する。

毎年約92万頭の引き渡された動物が安楽死させられています。 シェルターは、養子縁組キャンペーン、避妊・去勢手術プログラム、行動リハビリテーションを推進することで、安楽死率を最小限に抑えるよう努めています。

このビデオはすぐにソーシャルメディアで拡散し、TikTok全体から視聴者を獲得しました。 これまでのところ、プラットフォーム上で4,200以上の「いいね!」と28,000以上の再シェアを受けています。

ユーザーの一人、ショーン・マイケルは、「ロッキーが大好きです!! 彼は休暇には永遠の家を見つけたいと思っています!!」とコメントした。 そして、ポーラ・ヒックス – サワーズビーはこう言いました。「なんてことだ!! 彼に素晴らしい家を見つけてくれたら、養子縁組料を払います。私の家は満員すぎます。かわいそうな子です!! でも、もし見つけてくれたら、彼の養子縁組料は 100000% 負担します。」彼は史上最高の家だよ。」

コメントする