「愛情深い」11歳の保護犬、4年経ってもまだ家を待っている

完璧なお家を4年間待ち続けた犬が、今もニュージャージー州の保護施設で待っている。

ズーリは 11 歳のシニア ピット ブルで、フォーク リバーにある関連人道協会ポップコーン パーク シェルターで驚くほど長い時間を過ごしてきました。 快適な居住空間と献身的なケアにもかかわらず、彼女は依然として永遠の家での仲間との快適さを切望しています。

2019年9月、ズリは路上を走り回る野良犬として悲惨な状態で発見された。

「彼女はひどい状態にあり、沼の水のようなものに覆われ、皮膚やその他のさまざまな感染症を患っていました」と保護施設のサンディ・ヒックマン氏は語った。 ニューズウィーク

米国動物虐待防止協会によると、毎年630万匹のペットが米国の保護施設に引き渡されており、その量は1日平均1万7,260匹に上る。 ペットシェルターに引き取られた犬と猫の数は、昨年1月に4万6807匹に達し、2022年1月と比べて1744匹増加したことが24日、ペットウォッチのシェルター・ウォッチ・レポートで明らかになった。

毎年約92万頭の引き渡された動物が安楽死させられています。 シェルターは養子縁組キャンペーン、避妊・去勢手術プログラム、行動リハビリテーションを推進することで、安楽死率を最小限に抑えるよう努めている。

ズリさんは避難所に到着後、職員らの看護を受けて健康を取り戻した。 しかし、2019年以降、彼女を引き取ることにほとんど関心がなくなり、シニアの子犬は保護施設で待たされたままになっている。

「人々は彼女に直接会って、彼女がどれほど優しく愛情深い性質を持っているかを知ると、興味を示しますが、残念ながら何も成果は得られませんでした」とヒックマン氏は語った。

ズーリは順調に歳を重ねているが、生きる意欲を妨げるものではないものの、加齢に伴う症状もいくつか発症している。 彼女は行儀が良く、友達と散歩を楽しみ、特にボールを追いかける遊びを楽しんでいます。

ヒックマンさんによると、ズーリの養子縁組の唯一の条件は、新しい家で唯一のペットになることだという。 彼女は完全に家に放り込まれ、リードで訓練されています。

ヒックマンさんは心からの嘆願の中で、ズーリの愛情深い性質を強調した。

「ズリはとても気楽で、多くを求めません。彼女は、たくさんの愛と関心を向けてくれる家族と一緒にいるか、休息し、リラックスして甘やかしてもらえる老人ホームにいることにとても満足するでしょう」 」とヒックマン氏は語った。

コメントする