麻痺した犬が飼い主に近づきキスをする姿が心を溶かす「会いたい」

麻痺した犬が飼い主に愛を示すために床を自分で引っ張る動画がTikTokで話題になった。

このクリップは、車椅子に乗った7歳のアラスカン・マラミュートのTikTokアカウント、@luck_baluから投稿されたもの。 この動画は5日前に初めて共有されて以来、4,230万回再生された。 投稿によると、映像はウクライナのオデッサ市で撮影されたという。

動画には、後ろ足が麻痺した犬が体で部屋のドアを押し開ける様子が映っている。 犬は下半身を部屋にすくい上げ、そこには女性が座っており、膝までのブーツを足に上げています。 犬は女性に体を近づけ、動画が終わると顔に手を伸ばして鼻をなめます。

この投稿には「ママ、会いたいよ」というキャプションが添えられている。

犬の麻痺の原因

獣医師のバリ・J・モリソン氏は、犬の麻痺は「脳、脊髄、神経、筋肉が正常な体の動きを生み出すために相互に適切に通信していない」場合に起こると、PetMDの2023年10月の記事で説明した。

神経外傷は、犬の足の麻痺の最も一般的な原因です。

「後肢麻痺は、犬の腰や尾てい骨、あるいは脊髄と後肢の間にある神経の損傷が原因で起こります」と獣医師は語った。

一部の犬種は、椎間板疾患 (IVDD) などの病状により麻痺を起こしやすい場合があります。 これは、脊椎骨の間の椎間板物質の突出によって生じ、脊髄の圧迫を引き起こします。 モリソン氏は、ダックスフントやバセットハウンドなどの背中が長い犬はIVDDにかかりやすいと述べた。

変性性脊髄症(DM)として知られる遺伝性疾患により、麻痺を起こしやすい人もいます。この遺伝性疾患は、脊髄に由来する神経の破壊を引き起こします。

モリソン氏は、ジャーマン・シェパード、ボクサー、ウェルシュ・コーギー、チェサピーク・ベイ・レトリバーだけでなく、高齢の犬もDMになりやすいと指摘した。

‘純愛’

TikTok のユーザーは、最新のバイラル クリップ内の犬のジェスチャーに感動しました。

Prettyhips2 は、「彼はドアを押し開けて、自分の心を注ぎ出した」と述べた。

ユーザーのspichkaさんは「無条件の愛!」と言いました。 そして user1948108799357 は「なんと、これは純粋な愛です。」と書きました。

ユーザーの @charmaynet は、「心の底から吐き出した後、母親に向かってその甘いお尻を振り下ろす様子がなんとも素晴らしい」とコメントしました。

Rdog2は、「これは貴重なことだ。彼はあなたをとても愛しているし、あなたも彼を愛してくれていることを私は知っている」と書いた。

カレン・オ・アレンさんは、「ああ、本当に心が叫びます、彼はとても美しいので、動物を飼う資格はありません。」と言いました。

ニューズウィーク は、TikTokとInstagramを通じて元の投稿者にコメントを求めました。 このビデオは独自に検証されていません。

コメントする