妊娠中の犬が安楽死から救出後、「おとぎ話」のような結末を迎える

妊娠中の犬が、殺処分率の高い保護施設から救出された後、悲劇的な運命を九死に一生を得て免れた。

ワイヤーヘアーテリアとシーズーのミックス犬ダラスは、ミシガン州のオールモスト・ホーム・レスキューによってテキサスの保護施設から救出されたとき、妊娠中だった。彼らの努力のおかげで、彼女はずっと明るい未来を迎えている。

オールモスト・ホーム・レスキューのゲイル・モンゴメリーさんは「彼女はボロ屋から大金持ちになった。まさにおとぎ話のような物語だ」と語った。 ニューズウィーク

米国動物虐待防止協会によると、毎年630万匹のペットが米国の保護施設に引き渡されており、これは1日平均1万7,260匹に相当する。

毎年約92万頭の引き渡された動物が安楽死させられています。 シェルターは、養子縁組キャンペーン、避妊・去勢手術プログラム、行動リハビリテーションを推進することで、安楽死率を最小限に抑えるよう努めています。

過密殺処分施設で、子犬を出産した5歳のダラスちゃんは安楽死リストに掲載されたが、Almost Homeのチームが介入した。

「私たちは彼女の命を救うために困難と闘い、ダラスさんが可能な限り快適にミシガン州に旅行できるよう保護施設を説得しました」とモンゴメリーさんは語った。

テキサスからミシガンまでの26時間の旅は、ダラスが途中で陣痛にならないことを望んでいたチーム全員にとって、痛ましい一日となった。

奇跡的に、ダラスはミシガン州の里親の家に到着するまで持ちこたえ、そこで6匹の健康な子犬を出産しました。

「ダラスは史上最高のママです」とモンゴメリーさんは語った。 「彼女は愛情と献身をもって子犬たちを育てました。6匹の赤ちゃんは全員、彼女の世話の下ですくすく育っています。来週、愛情あふれる家庭に引き取られる予定です。」

子犬を出産して以来、ダラスは自分の永遠の家を見つけ、そこに新しいお母さんとお父さんが「愛している」とモンゴメリーさんは語った。

悲しいことに、勇敢なこの子犬は、感染した蚊に刺されることによって伝染する寄生虫によって引き起こされる重篤で潜在的に致命的な状態であるフィラリア症の検査で陽性反応を示しました。

オールモスト・ホーム・レスキューは、治療可能であるため、専門的な治療とその後の避妊手術を計画し、彼女の完全回復を確実にすることに尽力している。 救助隊は、ダラスさんが新しい生活にスムーズに移行できるよう、あらゆる医療ケアも支援します。

「私たちはダラスの一員として末永く幸せになれることに興奮しています」とモンゴメリーさんは語った。

コメントする