17匹の犬がクリスマスに間に合うように殺処分施設から救出される「Great Joy」

死刑囚から救出された17頭の犬にとって、これはまさにクリスマスの奇跡となった。

キンバリー・ラルーサさんは、犬たちがバンに車を寄せ、バディーズ・セカンド・チャンス・レスキューのボランティアによって安全に連れて行かれた瞬間をシェアした。 映像には、犬たちが檻から出され、ニューヨーク州アマーストに拠点を置く保護施設に運び込まれる様子が映されている。

ボランティアのラルーサさんはこう語った。 ニューズウィーク: 「場合によっては、犬が安楽死させられるまでに数日、あるいは数時間かかることもあります。」

@sweetbuffalo716 に共有された Instagram のビデオは 120 万回の再生回数を記録しました。

米国動物虐待防止協会によると、毎年約92万頭の保護動物(犬39万頭、猫53万頭)が安楽死させられている。

米国の保護施設で年間殺処分される犬と猫の数は、2011年の約260万頭から減少している。この減少は、引き取られる動物の割合の増加と、飼い主に返される野良動物の数の増加によって部分的に説明できる。

ラルーサは、犬を救う保護施設のストーリーやビデオを毎月共有するメディア ウェブサイト、Sweet Buffalo の創設者です。

「シェルターは殺処分シェルターと関係を築き、犬たちをここバッファローに輸送します!」とラルーサさんは語った。 ニューズウィーク。 「残念ながら、これは一度限りの出来事ではありません。犬たちは、保護施設にスペースがないために常に安楽死の危険にさらされています。」

Instagramのクリップには、生後3か月から6歳までのさまざまな犬種と年齢が混在しています。

「この犬たちがここに来る前にどんな経験をしてきたのかを知ると胸が張り裂けそうです」とラルーサさんは語った。 「彼らは交通機関から降りると恐怖と混乱を感じます。

「ボランティアたちは犬たちを慰めますが、犬たちが里親の家に来て数日経って初めて、自分たちが安全なところにいることに気づきました。彼らが危うく安楽死させられるところだったことを知るのは悲しいですが、安楽死させられるところにあると知ると大きな喜びを感じます」バディーズ セカンド チャンス レスキューのような素晴らしい犬のレスキューで、今後の残りの人生をより良いものにしてくれるでしょう。」

11 月 26 日以来、このビデオは約 109,000 件の「いいね!」を獲得し、インターネットに涙を流しました。

ある利用者は、「自分で歩こうともしない赤ちゃんたちを見て、今泣いています。とても怖がっているのです。皆さんの尽力に本当に感謝しています。それは大きな違いを生み、この子たちもきっとそうなるでしょう」と語った。愛されています。神のご加護がありますように。」

「あなた方は地球上で最も素晴らしい人々です。私はあなた方に最大限の敬意を表します。あなたの尽力に感謝します」と別の女性は称賛した。

別の質問者は、「なぜ殺処分施設が存在するのか?!」と疑問を呈した。

コメントする