人間は特定の目の色の犬を好む、科学者が明らかに

人間は黒い目の犬を好む傾向があり、これは犬がオオカミからどのように進化したかに関係している可能性があることが科学者らによって発見された。

犬は最も近い親戚であるハイイロオオカミから進化しました。 時間が経つにつれて、彼らは人間に飼い慣らされ、より友好的になり、より人間に慣れ、オオカミの親戚よりも野生ではなくなりました。 これが、ハイイロオオカミが依然として野生の捕食種であるのに対し、犬が現在では優れたペットである理由です。

で発表された新しい研究では、 王立協会 ジャーナルで日本の研究者らは、なぜイヌとオオカミの目のパターンが異なるのか、そしてそれが人間の種の受容にどのような影響を与えるのかを解明しようと試みた。

22頭のハイイロオオカミと81頭の飼い犬の画像を比較したところ、科学者らはイヌの虹彩がオオカミの虹彩よりも著しく暗いことを発見した。

「私たちの画像分析により、イヌの虹彩の色はオオカミの虹彩よりも著しく暗く、赤みがかったことが明らかになった」と著者らは研究の中で述べている。 「この結果は、犬の『こげ茶色』の目はオオカミの『黄色』の目とは異なるという定性的文書を裏付ける最初の経験的データです。」

黒い目の犬の顔のイメージも、人間には友好的で未熟であると認識されました。 言い換えれば、これらの犬は、虹彩の色が明るい犬よりも人間にとってはるかに魅力的でした。

このことから、犬は人間にとってより魅力的なものにするために、意図的に黒い目を持って進化したのでしょうか?という疑問が生じました。

筆頭著者である日本の帝京科学大学の今野昭次博士はこう語った。 ニューズウィーク この違いが家畜化の過程で進化したことに疑いの余地はありません。

「これはイヌとオオカミの目の色の違いを示唆する最初の研究です」と今野教授は語った。

「オオカミとイヌの間には目の色の明確な違いがあるだけでなく、人間には目の黒い犬の方が友好的で未熟であると認識されていることが分かりました。この発見は、人間が無意識に黒い目を選んでしまう可能性があることを示唆しています。なぜなら、彼らは脅威が少なく見えるためです。人間によって守られているので、飼い犬のほうが進化的に適応しやすいのかもしれない。」

研究者らによると、虹彩が濃いほど瞳孔サイズの変化が見えにくいことを意味します。 このようなサイズの変化は、人間の否定的な感情反応を引き起こす可能性があると研究は述べています。 人間はまた、虹彩と瞳孔のコントラストに応じてその人の性格について結論を下す傾向があります。

今野氏は、この分野ではまだまだ研究が必要だと語った。

「イヌは世界中に生息しており、形態学的に高い多様性があります。オオカミも同様です。私たちはイヌとオオカミのサンプルをもっと多く収集する必要があります。さらに、人間の好み以外の要因(例:生態学的要因、紫外線防御)が影響を与える可能性があります。」犬の目は黒くなっています。現象の普遍性を確認するには今後の研究が必要です。」

科学の話についてヒントはありますか? ニューズウィーク カバーするべきですか? 犬について質問はありますか? science@newsweek.com までお知らせください。

コメントする