ドッグフードのリコールはペットの飼い主に向けた悲惨な警告として

食品会社が子猫や子犬向けに販売していた製品の一部をリコールしたことを受け、犬や猫の飼い主に警告が発せられている。

ペットフード会社ブルーリッジビーフは、食品検査官からサルモネラ菌とリステリア菌の発生について警告を受け、リコールを発表した。

全米33州に食品を販売する同社は、ノースカロライナ州農務・消費者サービス局が「キトゥン・グラインド」「キトゥン・ミックス」「パピー・フィーバー」製品の検査中にこの2つの病気を発見したと発表した。

検査官は、人間とペットの両方に病気を引き起こす可能性のある有害な細菌を見つけるために「各製品の1ロット」を検査しました。 ブルーリッジ社は、「同社は細心の注意を払って、使用期限がN24 1124からN24 1224までのすべてのロットをリコールしている」と述べた。

同社によると、番号はチューブの端にある銀色のタブに記載されており、11月14日から12月20日まで配布されたという。

ブルーリッジビーフは消費者に対し、製品を廃棄し、「子供、ペット、野生動物がアクセスできない方法で食品を破壊する」よう求めている。 問題のある製品を購入した場合、消費者はタールヒール州にある会社に連絡して全額返金してもらえます。

ニューズウィーク ブルーリッジビーフに電子メールでコメントを求めた。 ブルーリッジビーフはウェブサイトで、「科学は自然より優れているわけではない」ため、「添加物や保存料を含まない」急速冷凍肉を使用していると述べた。

この家族経営の経営者は、「人間が利益を増やすために自然の状態から何かを変えると、その食べ物はもはや『本物』ではなくなります。それは人工的に作られた模造品になってしまいます。」と付け加えた。

影響を受けた商品は、コネチカット州、マサチューセッツ州、ノースカロライナ州、ペンシルベニア州、ニューヨーク州、メリーランド州、バージニア州の「主に小売店で販売されていた」。

ブルーリッジはペットの飼い主に警告し、「サルモネラ菌やリステリア菌に感染したペットは元気がなくなり、下痢や血の混じった下痢、発熱、嘔吐を引き起こす可能性がある。一部のペットは食欲の低下、発熱、腹痛のみを示す。感染していても健康なペットでも、感染する可能性はある」と述べた。保菌者となり、他の動物や人間に感染する可能性があります。」

同社のニュースリリースと米国食品医薬品局(FDA)も発表したところによると、病気は報告されていないという。

今月のリコールは、今年サルモネラ菌に関連する可能性のあるリコールが多数発生する中で行われた。

11月のFDAと米国疾病管理センター(CDC)の共同声明によると、今年初めに6人の子供と1人の大人がサルモネラ菌に接触して発病した。

ミッドアメリカ・ペットフードは賞味期限が来年10月31日の全製品を自主回収した。

ビクター・スーパープレミアム・ドッグフード、イーグル・マウンテン・ペットフード、ウェイン・フィーズ・ドッグフード、およびメンバーズ・マークのペットフード「2種類」もリコールされた。

ブルーリッジビーフの汚染は、サルモネラ菌の発生に関連して今年10月27日にリコールを引き起こしたものと同じではない。 FDAはブルーリッジビーフに対し、8月9日から8月25日までに流通したブリーダーズチョイス2ポンドの検査で陽性反応が出たと通知した。

コメントする