シェルターで最も長く居住していた犬が「ブランキー」を散歩に連れて心を痛める

保護犬が快適なブランケットに強く執着している様子を映したソーシャルメディア動画が、視聴者の心を打ち砕いた。

12月11日にフェイスブックで共有されて以来、5万回以上視聴されたこのバイラルクリップは、バークレー郡動物愛護協会の「最長住人」であるピットブルテリアのミス・ダフネを一般の人々に紹介している。

心のこもったクリップでは、犬は寒い朝に毛布を持って散歩に行くことにしました。

「ダフネさんは朝の散歩で外が少し寒いと思ったので、『ブランケット』を外に持ってきました。この愚かな少女はとても個性的です」とバークレー郡動物愛護協会のスタッフは投稿の下に書いている。

「彼女は私たちに最も長く住んでいます。ですから、彼女に分け前を与えて、彼女が家を見つけるのを手伝ってください」と投稿は付け加えた。

動物保護施設は、ダフネを引き取ることになる家のペットはダフネだけである必要があると述べた。また、保護犬は小さな子供が嫌いで、大人だけの家が必要だとも投稿で述べた。

バークレー郡動物愛護協会はウェストバージニア州マーティンズバーグに拠点を置いています。 ウェブサイトによると、この施設は1915年から存在しており、ウェストバージニア州東部パンハンドルと近隣の州でホームレスの猫や犬に保護施設を提供するために活動している。

同保護施設は投稿の中で、「動物の人道的なケアに関心を持って」州や地方自治体を含む他の団体と協力していると述べた。

ニューズウィーク ダフネさんについての詳しい情報を求めて、バークレー郡動物愛護協会に電子メールで連絡を取りました。

コメント投稿者は何と言っていますか?

このクリップは避難所によって Facebook で共有されて以来、この投稿は 1,700 人を超えるユーザーに「いいね!」され、80 回以上コメントが付けられました。

あるユーザーは「典型的な小型犬で、ぬくぬくと暖かく過ごすのが好きだ。なんて誤解されている犬だ。実際はただの特大の愛玩犬で、抱っこする虫だ。彼女が永遠に愛する家を見つけることを祈っている」と投稿した。

別のユーザーは、「心が張り裂けそうになった。時々、家に帰ると思うことがあるのだと思う」と語った。

「これは私が今まで見た中で最もかわいいものです」と3人目のユーザーは書いた。

別のコメント投稿者は、「なんて可愛いんだろう、早く永遠の家に帰ってくれるように祈りたい」と書いた。

コメントする