良い知らせを告げられる前と後の保護犬の顔の違いを見る

施工前と施工後の写真は、永遠の家を見つけるという考えが保護犬の一日をいかに豊かなものにするかを示しています。

今月初めに公開されたフェイスブックの投稿によると、9歳のグレイシーちゃんは、養子縁組の可能性があると言われるまで落ち込んでいるようだ。 そのニュースを聞いた後、彼女は満面の笑みを浮かべているのが見られる。

しかし、ピットブルのミックス犬は採用されず、ニュージャージー州イートンタウンのモンマス郡SPCAから誰かが家に引き取ってくれるのを今も待っている。

シェルターのメディアおよびマーケティングマネージャーのリンジー・サネーター氏はこう語った。 ニューズウィーク 素晴らしい家族のペットになるであろうシニア犬について。

「彼女は驚くほど優しい気質を持っていて、ただ仲間と慰めを求めているのです」と彼女は語った。 「彼女は、おそらく単独のペットとして、リラックスした家庭環境で成長するでしょう。彼女は子犬の頃からずっと子供たちと一緒に暮らしてきました。」

グレイシーさんの写真は、12月10日に保護施設が開催した「Home for the Holidays」イベント中に公開された。

保護施設のフェイスブックの投稿には「私たちはグレイシーさんに、今日永遠の家を見つけるかもしれないと伝えましたが、それが彼女の眉をひそめました」と書かれていた。

サネトルは言った ニューズウィーク グレイシーの飼い主の仕事が変わり、彼女に時間を割くことができなくなったということです。

「シニア犬にとって、慣れない場所に行くことはいつもショックですが、グレイシーは順調に適応しています。グレイシーは、おやつと散歩が大好きな、優しくて愛情深い女の子です。彼女はすでにお座りや足の動きを知っているので、私たちは彼女が賢いことを知っています」クッキー」と保護施設のフェイスブック投稿は続けた。

グレイシーはまだハッピーエンドを見つけていませんが、将来はハッピーエンドを見つけるでしょう。 ニューズウィーク 保護犬が永遠の家を見つけたという記事を多数出版している。 実際、私たちの記事の 1 つがきっかけとなり、あるカップルはバディという名前の犬を 1 匹引き取ることになりました。

米国動物虐待防止協会(ASPCA)によると、毎年630万頭の伴侶動物が全国の動物保護施設に入る。 そのうち、約310万頭が犬、約320万頭が猫です。 幸いなことに、毎年約200万頭の犬と210万頭の猫が引き取られています。

これまでのところ、モンマス郡 SPCA の投稿には 285 件の「いいね!」、145 件以上のシェア、そして約 20 件のコメントが寄せられています。

あるユーザーは、「これには心が痛む…彼女は愛らしい!」とコメントした。

別の人はこう書いた:「彼女は美しい!もし満員の家(猫2匹、猫3匹)がいなかったら」
成犬と生後3週間の子犬6匹)なら、彼女はすでに養子にされるでしょう! この小さな女性に幸運が訪れるように。」

悲しいことに、引き取られるのを切実に待っている犬がたくさんいるので、グレイシーさんの話は一度限りではありません。 およそ5年間保護施設で暮らしている5歳の雑種犬ニトロのように、何か月も、場合によっては何年も保護施設で暮らしている子もいる。

コメントする