子犬にペット保険は必要ですか?

新しい子犬を家に迎えるのはとても楽しいことです。 愛犬を友人や家族に紹介し、おやつやおもちゃで甘やかし、すべての「初めて」を共有することは、犬にとっても人間にとっても同様に価値のある経験になります。 ただし、子犬の世話は楽しいことや遊びばかりではないことを忘れないでください。 子犬が幸せで健康に成長するためには、一貫したケアと注意が必要ですが、子犬の際限のない熱意により、よくある事故や怪我に見舞われる可能性があります。 幸いなことに、ペット保険は、初めて子犬を飼う人もベテランの人も、ペットの世話をしながら出費をうまく管理するのに役立ちます。

ペット保険が必要な理由

  • 事故が起きる。 米国ペット製品協会によると、毎年 3 匹に 1 匹ものペットが緊急獣医師の治療を必要としています。 そして医療事故はいつでも起こる可能性があります。
  • ペットの世話は高価です。 ペットの飼い主は 6 秒ごとに総額 1,000 ドル以上の獣医の請求書を受け取ります。 さらに、ペットの飼い主の 63% は、獣医師の予期せぬ費用を賄うのに苦労しています。
  • あなたの子犬は永遠に若いわけではありません。 若くて健康な子犬のために保険に加入するのは珍しいことのように聞こえるかもしれませんが、ペット保険を検討する際には、事前に検討することが重要です。 米国獣医師協会によると、10歳以上生きる犬のほぼ50%が生涯のうちにがんを発症し、数百万匹が加齢とともに関節炎や糖尿病などの重篤な衰弱性疾患を発症するという。 ペット保険の補償は、ペットの生活水準を高齢期まで維持しながら、お金を節約するのに役立ちます。

多くのペット保険会社は、人間が医療保険の請求を行うのと同じように、請求の提出を可能な限り簡単かつ便利にしています。 通常、あなたがしなければならないことは、いつもの獣医を訪ね、明細が記載された請求書を受け取り、申請を提出するだけで、対象となる費用のほとんどが払い戻されます。

今すぐペット保険に加入する理由

ペット保険の保険料は、年齢や健康状態などさまざまな要因によって異なります。 今は健康な子犬を飼っているかもしれませんが、一生を通じて健康上の問題に遭遇する可能性があります。 まだ必要ではないと思われる場合でも、子犬のための保険を準備しておくことが最善である理由はいくつかあります。

  • 支払い額が減ります 年老いた犬よりも、健康で若い子犬をカバーする必要があります。 また、ほとんどのペット保険会社は既存の病気に対する払い戻しを提供していません。
  • いくつかの プランは補償範囲を提供します 子犬の生涯にわたる定期的および緊急の費用に加えて、主要なワクチン接種、健康診断、予防サービスなどの初期費用も含まれます。
  • 子犬がトラブルに巻き込まれる 彼らは新しい環境を探索し、新しいことを経験します。 骨折、異物の摂取、靱帯の捻挫など、ストレスの多い子犬の健康上の緊急事態において、ペット保険は安心と経済的サポートを提供します。

私の子犬にはどの保険が適していますか?

ペット保険会社や保険は数多く存在しており、どれが自分のニーズに合うかを判断するのは難しいかもしれません。 ご自身の保険にどのような補償が含まれているのか、また支払える保険料はいくらなのかを知ることは、保険を決定する際の重要な要素です。

獣医に足を巻いてもらう中国のシャーペイの子犬。

  • 月額保険料 ペット保険会社は標準的な事故や病気をカバーすることが多く、その範囲は最低 10 ドルから 100 ドル以上まであります。 一部の保険会社は、四半期または年ごとの支払いオプションを提供しています。 日常的なケアから遺伝性および先天性疾患に至るまで、あらゆるものをカバーするアドオンを利用できる場合があります。
  • アドオンとカスタマイズ 報道に参加することは、子犬が右足で歩き始めるのに大きな違いをもたらすことができます。 子犬を飼う保険契約者の中には、ワクチン接種、害虫予防、避妊・去勢手術、マイクロチップの埋め込みなどの基本的な手続きを節約するためにこれを選択する人もいます。
  • 価格は1枚のみです パズルの。 充実した保障を犠牲にして保険料が最も安い保険をデフォルトで選択しないでください。 予算の範囲内で作業を進めてください。ただし、主に犬とあなた自身のニーズに基づいて決定してください。
  • 予期せぬ出費を避ける 予期せぬ請求を避けるために、補償範囲、制限事項、除外事項について常にポリシーを注意深く調べてください。

結局のところ、子犬のためにおもちゃやおやつを購入するほうが楽しいかもしれませんが、適切な保険に加入することは、犬の生涯にわたって大きな変化をもたらす可能性があります。 したがって、子犬とあなた自身にとって最適なペット保険を決定するために、調査を行い、考えられるすべての要素を考慮することが重要です。

コメントする