犬の皮膚のしこりやできもの:兆候、症状、原因

あなたの犬のその奇妙な隆起は何ですか? 犬の皮膚にしこりや隆起を発見すると、心が動揺して心臓が高鳴るかもしれませんが、パニックになる必要はありません。 犬のぶつぶつが自動的にがんを意味するわけではありません。 犬の皮膚のできものや奇妙なしこりは常に真剣に受け止めるべきですが、特定の種類のできものはあなたが思っているよりも一般的であり、多くの場合無害です。

犬の皮膚のしこりやできものの種類

犬によく見られる皮膚のできものは、いくつかのカテゴリに分類されます。 これらの中には、高齢の犬によく見られるものもあります。 新しい子犬の飼い主として、これらをファイルに保管し、子犬が成長するにつれてそれらに注意を払うことをお勧めします。 これらの中には非癌性のものもありますが、感染症やその他の基礎疾患によって引き起こされるものもあります。 獣医師に犬の皮膚の変化を検査して診断してもらい、必要に応じて治療方針を決定してもらうことが常に最善です。

草の中に横たわってお腹をさすってもらう赤と白の雑種犬

脂肪腫

これらの脂肪腫瘍は、皮膚の下に柔らかく丸い肉の塊として現れます。 それらは完全に脂肪細胞で構成されており、常に良性または非癌性です。 脂肪腫は通常、高齢の犬や太りすぎの犬に見られます。 大型犬ほどこの病気にかかりやすいですが、小型犬でも見られることがあります。 獣医師は、細い針を使用して細胞を収集し、顕微鏡で検査して脂肪組織であることを確認する細針吸引を実行する場合があります。

皮脂嚢胞

これらは小さな隆起で、ニキビやいぼのように見えることがあります。 それらは詰まった油腺から形成され、破裂してペースト状の白いネバネバが放出されることがあります。 これらはプードルやビション・フリーゼなどの毛が細い犬種で最もよく発生します。 自然に消えることもありますが、何年も残り、感染する可能性のあるものもあります。 犬を刺激する場合は、外科的除去が選択肢となります。

いぼ

これらの小さなカリフラワーのような隆起は、パピローマウイルスによって引き起こされます。 免疫系がまだ完全に発達していない子犬に最も多く発生し、通常は自然に消えます。 このウイルスは犬同士では感染しますが、犬から人に感染することはありません。

スキンタグ

これらは、小さな皮弁または盛り上がった皮膚の茎のように見える線維性の隆起ですが、場合によっては小さな隆起のように見えることもあります。 毛が生えている場合と生えていない場合があります。 スキンタグは線維芽細胞と呼ばれる過剰な細胞によって引き起こされ、あらゆる品種や年齢の犬に発生する可能性があります。 多くの場合無害ですが、特にタグの形状、色、サイズが変化した場合には、獣医師が生検を行って確認することがあります。

膿瘍

通常、膿瘍は感染によって引き起こされ、虫刺され、動物の咬傷、感染した腺、その他の種類の傷の周囲に形成される腫れた組織です。 早めに治療しないと破裂する可能性があり、犬にとっては苦痛です。 感染症の治療には抗生物質が必要になる場合があります。

ボタン腫瘍

組織球腫としても知られるこれらは、生後 8 週間から 3 歳までの子犬や若い犬に発生する良性腫瘍です。 これらは免疫細胞の過剰生産によって引き起こされ、通常は自然に消えます。

肥満細胞腫瘍

これらは、皮膚の下または上のいずれかに発生する可能性のある癌性腫瘍です。 触ると硬く、形が不規則であることがよくあります。 このような腫瘍が出現した場合は、直ちに獣医師の診察を受ける必要があります。 犬の体内にがんが広がっているかどうかを判断するために生検を行う前に、可能であれば腫瘍を切除したいと考えるでしょう。 外科的切除が不可能な場合は、化学療法または放射線治療のために獣医師の腫瘍専門医に紹介されることがあります。

子犬によく見られるできもの

ありがたいことに、子犬のがんはまれです。 子犬に見られる最も一般的なタイプのしこりや隆起は、いぼ、皮膚タグ、ボタン腫瘍、膿瘍です。 このような場合、犬の獣医師はイボ軟膏またはその他の皮膚治療を推奨する場合があります。 犬の脂肪脂肪腫の皮膚のしこりを溶解するのに役立つと主張するサプリメントもいくつかあります。 子犬がワクチン接種部位に腫れを起こすことも珍しいことではありません。これは、そこに集まる免疫細胞の集合体によって引き起こされます。

通常、このワクチン接種部位の腫れは 1 週間以内に治まります。 しかし、まれに、この細胞の集まりが悪性腫瘍に変化することがあります。 ワクチン接種の塊が 1 週間以上続く場合は、獣医師に相談してください。 しこりが3か月以上続いたり、直径が1インチを超えたり、成長し続けたり形状が変化したりする場合は、注意深く観察し、生検のために子犬を連れて行くようにアドバイスする場合があります。

まれではありますが、子犬が特定の種類のがんを発症する可能性があるため、子犬の皮膚にしこりや隆起、その他の変化があれば獣医師に検査してもらうことが重要です。

悲しい純血種の犬、子犬キャバリア キング チャールズ スパニエル、嘘、銃口を閉じる

犬の皮膚のできものを心配する必要があるのはどのような場合ですか?

触ると硬かったり硬かったり、不規則な形をしたしこりを見つけた場合、または既存のしこりや隆起のサイズ、質感、色の変化に気づいた場合は、すぐに犬を検査してもらいましょう。 獣医師はまた、液体がにじみ出ている隆起があればすぐに診察する必要があります。 ただし、繰り返しになりますが、一部のしこりやしこりは無害ですが、犬に新たなしこりやしこりがある場合は、獣医師に診てもらい、獣医師に判断を委ねるのが最善です。

犬や子犬の腫瘍や感染症の可能性に対処することは、あなたとあなたのペットの両方にとって、費用がかかるだけでなく、精神的にもストレスがかかる可能性があります。 ペット健康保険は費用の一部をカバーしてくれるので、心配することが 1 つ減り、ペットにとって最適な治療の選択肢に集中できるようになります。

コメントする