犬用のココナッツオイル:本当に良いの?

ココナッツオイルは人々に人気のサプリメントとなっています。 人間の場合、限られた量のココナッツオイルを摂取すると、免疫システムの強化、体重減少の促進、抗炎症剤および抗真菌剤としての作用、アルツハイマー病患者の認知能力の向上などの利点が得られる可能性があることを示すいくつかの証拠があります。 今日、多くの専門家が、ココナッツオイルを食べることが実際に人々にとってどれほど役立つかについて議論しています。

しかし、ペットの飼い主たちは「ココナッツオイルは犬にとって有益なのか?」と疑問を抱いています。 答えは「たぶん」です。 しかし、それはすぐにペットにココナッツオイルを与えたり、皮膚に塗ったりする必要があるという意味ではありません。 ココナッツオイルと犬について知っておくべきことは次のとおりです。

ココナッツオイルの背後にある科学

ココナッツオイルは、ココヤシの木から収穫されたココナッツの肉から得られます。 ココナッツオイルは少なくとも 90% が飽和脂肪で構成されており、そのほとんどは中鎖トリグリセリド (MCT) です。 MCT は、ココナッツオイル以外にも、パーマー核油、バター、ヨーグルト、牛乳、チーズに多く含まれています。

MCTとは何ですか? MCT は、「良い」脂肪と考えられる脂肪酸です。 MCTS を適度に摂取すると、皮膚の炎症を軽減するなど、いくつかの利点が得られます。 MCT はまた、素早く代謝し、即時のエネルギー源を提供します。 ココナッツオイルに含まれるMCTは、真菌や感染症と闘い、脳の健康をサポートし、コレステロールを下げるのに役立ちます。

犬にココナッツオイルを与えても良いのでしょうか? 長所と短所

犬はココナッツオイルを食べても大丈夫ですか? ココナッツオイルを摂取することで犬の体内に良い効果がもたらされる可能性があります。 ココナッツオイルに含まれる主なMCTはラウリン酸です。 ラウリン酸には抗菌、抗真菌、抗ウイルス作用があります。 ココナッツオイルには、抗真菌効果で知られるカプリン酸とカプリル酸も豊富に含まれています。 このオイルには、多価不飽和脂肪酸と一価不飽和脂肪酸(脳の健康をサポートし、コレステロールの低下を助ける脂肪酸)も含まれています。 いくつかの研究では、ココナッツオイルが犬の消化を助け、脳の活動と精神機能を改善し、体重減少を助ける可能性があることを示しています。

しかし、ココナッツオイルは犬に良いのでしょうか? これらの利点は、獣医師の許可なしに犬にココナッツオイルを与えてはいけないという意味ではありません。 ココナッツオイルが犬の健康のさまざまな側面に決定的に役立つことを証明する広範な研究はまだありません。 退役軍人は、これらの研究結果がどの程度広く適用可能か(または関連性があるか)について議論する可能性もあります。 さらに、犬にココナッツを与えると、ココナッツオイルが治すと言われているのと同じ症状のいくつかに対して効果がある可能性があります。 たとえば、ココナッツオイルに含まれる脂肪は消化を助ける代わりに、犬の胃の不調や下痢を引き起こす可能性があります。

さらに、ココナッツオイルは犬の1日の脂肪必要量を満たしていません。 MCT の酸には十分なオメガ 6 酸とオメガ 3 酸が含まれておらず、含まれている酸はあまり効率的に処理されません。 MCTが細菌、ウイルス、真菌から保護するという主張については、MCTに含まれるラウリン酸が実験室試験では細菌を殺しますが、犬を十分に保護するのに十分な量を使用できるという明確な証拠はありません。

局所的に塗布した場合

「犬にココナッツオイルを与えてもいいの?」と疑問に思うかもしれません。 実際、犬の皮膚にココナッツオイルを塗ると効果があるかもしれません。 ココナッツオイルは、ホットスポットなどの炎症を起こした部分を落ち着かせたり、かゆみのある乾燥した肌に潤いを取り戻したりするのに役立ちます。 ペットの足が乾燥してひび割れている場合は、成分の 1 つとしてココナッツオイルを使用した DIY 足用バームを試してください。

犬の被毛にツヤを与えるには、成分としてココナッツオイルを含む犬用に配合されたシャンプーを使用してみてください。 ココナッツオイルを含む保湿犬用シャンプーは乾燥した毛皮に潤いを与えるのに最適で、ココナッツオイルを含む犬用コンディショナーは毛を柔らかくするのに役立ちます。

局所抗真菌治療薬としてココナッツオイルを使用できますか?

あなたの犬が真菌の問題を抱えていると思われる場合は、すぐに獣医師に相談し、推奨される治療方針に従ってください。 ココナッツオイルには抗菌作用や抗真菌作用があるものの、「これが犬の皮膚病にどの程度影響するかは不明です」とリンダ・サイモン博士は言う。 獣医師の治療は、感染症を引き起こす真菌の種類、感染症の重症度や広がり、犬の年齢と健康状態によって異なるとジェイミー・ウィッテンバーグ医師は指摘する。 彼女は、「軽度から中等度の真菌感染症のほとんどは、シャンプーとクリームの組み合わせで局所的に治療できます」と説明しています。

犬のカビ臭さや皮膚の脂っこさ(酵母菌の異常増殖によるもの)がある場合、獣医師は薬用ウォッシュの使用を勧めるかもしれません。 重度または広範な真菌感染症、特に免疫系機能不全のある犬の場合、獣医師が経口薬を処方する場合があります。 「これらの薬は肝臓の問題を引き起こす可能性があるため、ペットの健康状態を監視するために連続的な血液検査を実施する必要があります」とウィッテンバーグ医師は付け加えた。

サイモン博士によると、獣医師は「皮膚バリアを強化し、かゆみや乾燥肌を軽減する皮膚サプリメント計画」の一環としてココナッツオイルを推奨するかもしれません。 ウィッテンバーグ博士は、「ほとんどの場合、犬にココナッツオイルを局所的に使用しても害はありません。 しかし、それは厄介で、毛穴を詰まらせる可能性があり、犬が患部をさらに舐めることになり、痛み、炎症、感染症の増加につながる可能性があります。」

犬にココナッツオイルを安全に与えるにはどうすればよいですか?

ココナッツオイルを局所的に塗布したり、犬に食べさせる前に、これらのオプションについて獣医師に相談してください。 ペットにココナッツオイルを与えることに同意する場合は、バージンココナッツオイルとも呼ばれる未精製のココナッツオイルを選択してください。 さらに良いのは、栄養素を保存する方法を使用したコールドプレスオイルを探すことです。

犬に与える場合は、オイルによって匂いや味が異なることに注意してください。 大胆なココナッツの味を持つものもあれば、当たり障りのないものもあります。 バターのように滑らかなものもあれば、ナッツのような風味のものもあります。 あなたの犬が好むものを見つけるには、少し試してみる必要があるかもしれません。 あるいは、獣医師が犬専用に設計されたココナッツオイルの皮膚と被毛のサプリメントを試すことを勧めるかもしれません。

少量のココナッツオイルを犬に塗って犬が舐めてしまっても、大きな害はないと思われます。 「しかし、それを与えると間違いなく体重増加と胃腸障害の両方を引き起こす可能性があります」とウィッテンバーグ博士は言う。 サイモン博士もこれに同意し、ココナッツオイルを長期間与えると犬の肥満につながり、場合によっては膵炎(膵臓の炎症によって引き起こされる潜在的に生命を脅かす状態)を引き起こす可能性があると説明しています。 短期的には、犬は脂っこい便や下痢を経験することがあります。

ココナッツオイルを局所的に使用するには、週に一度程度皮膚に塗布し、数分間吸収させます。 5分ほど経ったら、犬を洗い流してください。 触った感じがまだベタベタしている場合は、軽くシャンプーとリンスを行ってください。

ココナッツオイルの局所使用または内服使用には潜在的なリスクがあるため、ウィッテンバーグ博士は犬の飼い主が特にココナッツオイルの含有量に基づいて製品を選択することを推奨していません。 たとえば、鼻や肉球が硬くなった場合は、ココナッツオイルで作られた鎮静剤を使用すると柔らかくなります。

コメントする