幼稚園から高校までの警察犬は何をするのですか?

人間の法執行官は特別なタイプの人間である必要があり、警察犬も特別なタイプの犬である必要があります。 これらの印象的な動物は、警察犬が遂行する必要がある複雑な任務を遂行するために特別に品種改良された何世代もの犬から来ています。 一般的に言って、これはすべての犬ができることではありません。 そのため、通常、警察犬として訓練される特定の犬種はわずか数頭だけです。

人気の警察犬の品種

警察犬として訓練されるのに人気のある犬種は次のとおりです。

  • ベルギーマリノア
  • ジャーマン・シェパード・ドッグ
  • ブラッドハウンド
  • オランダの羊飼い
  • ラブラドールレトリバー

これらの品種は、その驚くべき作業能力、調教師と協力する意欲、そして場合によっては犯罪者と戦う粘り強さで知られています。 一部の警察犬は単一目的、つまり実行する任務が 1 つだけです。 他のものは二重目的であり、さまざまなタスクを実行するように訓練されていることを意味します。 しかし、警察犬は具体的に何をするのでしょうか?

不安

おそらく警察犬の最も人気のある訓練は容疑者の逮捕です。 警察犬は危険な容疑者に噛みついて人質にするよう訓練されている。 多くの状況で、彼らは人間のパートナーを守るために、真っ先に命をかけて武装容疑者に立ち向かうのです。 ほとんどの不安犬は、ベルジアン マリノア、ジャーマン シェパード ドッグ、ダッチ シェパードなどの牧畜犬です。 何百年もの間、家畜を集めるのに必要な体力と知性を備えた牧畜犬種が品種改良されてきました。 これらの資質は危険人物を拘束するためにも必要です。 とはいえ、安定した犬である必要があります。 さらに、彼らは誰かが脅威であることを認識し、ハンドラーの命令のみに基づいて行動する能力を持っていなければなりません。

検出

犬が素晴らしい嗅覚を持っていることは周知の事実です。 犬の鼻には 2 億 2,500 万個の匂い受容体があり (人間の場合は 500 万個)、私たちは犯罪と戦うときに犬のこの能力を有利に利用します。 犯罪行為に関しては、犬はさまざまな麻薬、爆発物、加速剤(放火捜査の場合)、その他の犯罪現場の証拠を発見することがよくあります。 この犬はどこでも任務を遂行することができ、最も一般的には空港や国境入口で爆発物や違法薬物がないか、大規模なイベントで爆発物がないか、さらには路肩に停められた民間車両さえも捜索している。 多くの軍用犬は、飼い主や職員を危険から守るために地雷を探知することもできます。

空港で開いた荷物の匂いを嗅ぐジャーマン・シェパード・ドッグ。

捜索と救助

警察の仕事の大部分は、誘拐された人でも行方不明者でも、行方不明の被害者の捜索です。 捜索救助の場合、生きている犠牲者や亡くなった人間の遺体を見つけるために犬を訓練することができます。 彼らは、壊滅的な爆発、地震、その他の災害の後に瓦礫の中を探索することができます。 彼らは、道に迷ったハイカーや雪崩の後に埋もれた人を探して、何マイルにもわたる森をカバーすることができます。 海や湖の水中で溺れた犠牲者の遺体を発見できる人もいます。 比較的短期間に広範囲をカバーできる犬の能力は、犠牲者を探す際に優れた情報源となります。 人間の捜索者はかけがえのない役割を果たしていますが、捜索救助犬は独特の正確さで仕事を遂行できます。

コメントする