瀕死の重傷を負った犬が奇跡の回復を遂げる様子を見る

死の一歩手前までいった野良犬が驚くべき回復を遂げ、間もなく永遠の住処を探すことになる。

4週間ほど前、アイシャが初めてアイルランドのダブリン動物虐待防止協会(DSPCA)に到着したとき、彼女の首には非常に深い傷があった。もし傷があと1インチ低かったら、生きていたかもしれない。死亡しています。 DSPCAの広報担当者は「傷は頸動脈からほんの少し離れたところにあり、気管を覆う筋膜の薄い層だけだった」と語った。 ニューズウィーク

アメリカと同様に、DSPCAなどのアイルランドの動物救助活動では、過去12か月間で大量の犬が引き渡されるのを目撃している。 5月にジリアン・バードはこう語った。 アイルランドの独立系 同紙は、状況が危機的状況に達しつつあると報じ、さらに懸念すべきことに、DSPCAの保護施設は「残虐な事件で満ち溢れている」と報じた。

「残念なことに、私たちは多くの虐待事件を目にしています」とバード氏は語った。 「人々が動物に十分な餌を与えなかったり、治療が必要なときに獣医に連れて行かなかったりするネグレクトの事例が発生しています。」

DSPCA に到着する前のイシャの人生や、首に怪我を負った経緯についてはほとんど知られていません。 保護施設の広報担当者は、「イシャは野良犬として保護施設に連れてきた一般人によって発見された」と述べた。 「私たちは彼女の経歴、彼女が誰の所属だったのか、そしてどのようにして首にひどい怪我を負ったのかについて何も知りません。」

ありがたいことに、DSPCA の獣医スタッフがすぐにイシャを助けに来て、状況を収拾することができました。

DSPCAの広報担当者は、「タイオーバー包帯、緊張を和らげる技術、および一次閉鎖の遅延を組み合わせた結果、彼女は目覚ましい回復を遂げ、現在は小さな傷跡が残っているだけだ」と述べた。

ソーシャルメディアに投稿されたビデオ DSPCAは、イシャが数週間のうちに恐怖と打ちひしがれから幸せな気分に変わるという驚くべき変化を強調した。

この映像は、見ている一部の人たちに相反する感情を引き起こしました。 あるユーザーは「かわいそうな女の子」と書いた。 「その怪我を負わせた者は罰せられるべきだ。彼女の命を救ってくれてありがとう。」

DSPCA保護施設の犬がソーシャルメディア上で動物愛好家の間で衝撃を与えたのはこれが初めてではない。

保護施設での勤務後に骨折したままになった聴覚障害のある犬や、DSPCA 施設で 1 年近く過ごした頭がおかしくなった犬の話も同様の共感を呼びました。

他の地域では、子犬の入った箱が極寒の中で玄関先に捨てられ、DSPCAにやって来た後に怒りが起きた。

しかし、DSPCAはイシャさんの状況が迅速に解決されることを望んでいる。 広報担当者は「イシャは養子縁組の対象となっており、すぐに愛情あふれる家庭を見つけられることを願っている」と述べた。

コメントする