おしゃべりなシニア救助犬ピクシーが今週のペットに選ばれる

毛皮で覆われ、羽毛が生え、時には毛で覆われた動物の友達を祝い、 ニューズウィークの「今週のペット」は、ペット、その個性、人間がどれだけペットを愛しているかを祝うためのスペースです。

私たちは常に次の「ペット・オブ・ザ・ウィーク」のスターを探しています。あなたのペットが何か面白いことや珍しいことをしているのをカメラに捉えた場合、またはペットがどれほど特別であるかを私たちに伝えたい場合は、このページの最後にある指示に従うことを忘れないでください。このストーリーをあなたのペットに投稿してください。

勝者

今週のペット・オブ・ザ・ウィークは、おしゃべりが大好きという珍しい習慣を持つシニア犬、ピクシーです。

オーナーのベス・ライスバーグ氏はこう語った。 ニューズウィーク ピクシーは「とてもおしゃべり」で、10歳の犬が遠吠えしたりおしゃべりしたりする動画をシェアしているとのこと。

「ほら、どこにも招待されないよ、うるさすぎるよ」とリースバーグはビデオの中で冗談を言っている。

吠える、うなる、泣き言を言う、遠吠え、ため息、うめき声​​はすべて、犬が人間とコミュニケーションをとる方法です。

品種の傾向や個々の性格により、他の犬よりも声が大きい犬もいます。 ペットが興奮している、あるいは不快であるなど、あなたに何かを伝えようとしている場合もありますが、それがペットの一部にすぎない場合もあります。

「彼女はおそらく養子縁組前に切除された癌性の乳腺のせいで捨てられた野良猫です」とライスバーグさんは説明した。 「彼女はもう癌ではなく、2人のシニアシーズーと1匹の黒猫からなる私の家族に加わりました。」

ファイナリスト

最初のファイナリストは、飼い主のサラ・スミスさんと暮らす2匹の猫、アシュケとスポッティです。

タビー・アシュケはもうすぐ 5 歳になり、すぐに飼い主の生活に欠かせない存在になりました。

「彼女は、私が非てんかん発作を起こそうとしている兆候を認識できるように独学し、私に警告する独自の方法を考案しました」とスミスさんは語った。 ニューズウィーク

発作が近づいていることに気づくと、飼い主の足首を噛んでニャーと鳴きます。

一方、スポッティは2歳で、飼い主が世話できなくなったときにスミスのところにやって来ました。

「2匹の間では、笑う理由が尽きません。彼らはお互いやおもちゃと追いかけっこしたり格闘したりしますが、その中にはスポッティのために私が着た服も含まれています」とスミスさんは語った。

今週の次は、11歳のコカプー・フォジーです。

飼い主のジェニファー・ヘンリーはこう語った。 ニューズウィーク: 「彼は夫と私の人生の中心です。」

フォジーはてんかんを患っており、時々発作を起こしますが、なんとか対処方法を見つけ出しました。

「彼はとても賢いんです。なぜなら、彼は急いで私たちのところに来るので、いつ発作が起こるかを知っているからです」とヘンリーは言いました。 「私たちは、それが過ぎるまで彼を抱きしめ、背を向けるべき兆候を知っています。」

最後は、足の指が 22 本という驚くべき違いを持っ​​た犬、タビーです。

「彼は生まれつき耳が聞こえないので、マルディグラのパレードや集会に最適な犬です」と飼い主のナタリー・スローンは語った。 ニューズウィーク。 「彼は人も動物も愛し、人生を楽しんでいます。」

マルディグラのパレードに行かないときは、タビーはトランポリンで遊んだり、シャム猫の友達と遊んだりするのが大好きです。

コメントする