キンバリー・ギルフォイルの新しい犬の本がジョークの洪水を引き起こす

ドナルド・トランプ元大統領の元補佐官キンバリー・ギルフォイル氏が月曜午後、新しい児童書を紹介した後、ジョークの波を巻き起こした。 プリンセスと子犬

ギルフォイル氏の発表は、サウスダコタ州知事でトランプ副大統領候補とも噂されるクリスティ・ノエム氏が、キジ狩りの後に砂利場で飼い犬を一匹殺したと認めたことに対する反発を受けて行われた。

ドナルド・トランプ・ジュニアの婚約者であるギルフォイルは、主に本の発売のタイミングについてX(旧Twitter)で嘲笑を引き起こした。

「この本のタイミング。まるで共和党が一つの巨人のようだ」 SNL 寸劇。 王女の子犬が砂利場で頭に銃撃を受けて終わらないことを心から願っています」とメーガン・モーリンさんは『X』に書いた。

ブラッドリー・P・モス弁護士はXで「ノエム知事を遠ざけろ」と発言した。

「クリスティ・ノエムがあなたのために書いた素敵な序文ですね。『みんな子犬が大好きです』」と @finfox2 X アカウントが書いています。

「サイン入りのコピーを@GovKristiNoemに送りますか?クリケットに捧げてください」と@MilenaAmitはXでギルフォイルに返信した。

ニューズウィーク 月曜日の午後、BRAVE Books 社の Web サイトを通じて Guilfoyle に連絡を取り、本の発売のタイミングについてさらにコメントを求めました。

先週のイギリスの新聞 保護者 ノエムの近刊本の抜粋を出版、 もう後戻りはできない:政治の何が間違っているのか、そして私たちがどのようにアメリカを前進させるのかについての真実、 その中で知事は、生後14か月のクリケットという名前の子犬を射殺したことを共有し、その子犬は「攻撃的な性格」だったと彼女は書いた。

狩猟旅行からの帰り道、クリケットはノエムさんのトラックから逃げ出し、家族の鶏を襲い、「一度に一羽ずつ掴み、一口で噛み砕き、その後落として別の鶏を襲った」という。 これには鶏の飼い主が泣いてしまったので、ノエムさんは鶏の飼い主にお金を払いながら、犬が散らかした後片付けも手伝いました。 彼女は、クリケットを掴んだとき、犬が「私を噛もうとむち打ちした」と付け加えた。

「その瞬間、私は彼女を降ろさなければならないと悟った」とノエムさんは書いた。

知事はまた、「その犬が嫌いだった」と書き、その犬を「訓練不可能」で「接触した人にとって危険」だと説明した。

この文章の公開以来、ノエム氏は共和党と民主党の両方から軽蔑にさらされてきた。

ノエムさんは日曜日、X(以前はツイッター)での批判に応え、次のように書いた。「私の近刊の本の中で、私たちの牧場で働く犬の1つであるクリケットの20年前の物語について一部の人々が腹を立てている理由は理解できる。この本には、私の人生、良い日も悪い日も、挑戦、辛い決断、そして学んだ教訓についての多くの正直な話が詰まっています。」

ノエムさんはまた、「法律に従い、責任ある親、犬の飼い主、隣人として行動していた」とも主張した。

ギルフォイルさんは、Xに関する自身の本を「友達がそばにいると勇気を持つのは簡単だということを子供たちに教える心温まる物語」と説明した。 彼女は、全収益の10パーセントが、フロリダ州ジュピターにある殺処分を行わない動物保護施設、ファーリー・フレンズ・アダプション・クリニック・アンド・ランチに寄付されると述べた。

コメントする